スマホはクーリングオフ出来るのか?8日以内キャンセルについて。au/docomo/Softbank

スマホはクーリングオフ出来るのか?

購入した携帯電話端末(スマホ/iPhone/ガラホ/モバイルルーター等)を、

電波が入らない。仕様が気に入らない。など、

諸々の理由でクーリングオフ、購入キャンセルなどが、

出来るのかについてお話をさせていただきます。

※クーリングオフとは一定期間の間であれば商品の購入キャンセルが出来る、消費者を守るための制度です。

スポンサーリンク

初期契約解除制度

電気通信サービスには、クーリングオフとは名前が違いますが、

クーリングオフに似た「初期契約解除制度」と呼ばれるものがあり、契約の解除が可能になっています。

契約書面を受け取ってから8日間 が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度となります。

但し、契約の解除が出来る制度であるため、

契約をしてからの利用料金、工事費用については消費者の負担になります。

回線契約解除の違約金については支払い不要です。

あくまでも契約の解除であるため、回線の契約と同時に購入した、携帯電話端末の購入をキャンセル出来るものではありません。

携帯電話端末の購入キャンセルを希望の場合は、「確認措置」と呼ばれる制度があり、

携帯電話端末の購入をキャンセル出来る場合があります。

※初期契約解除制度が適用される通信事業者

・KDDI(au) ・docomo ・Softbank

確認措置

「初期契約解除制度」と「確認措置」の違いについてお話させていただきます。

■初期契約解除制度は理由に関わらず解除可能。

確認措置は理由により解除可能な場合がある。

■確認措置が適用になる場合の理由

①電波不良(自宅、職場など、利用を想定していたエリアで電波が入らない)

②法令が順守されていない場合(契約時の説明不十分や、義務付けられている書面交付の状況が不十分)

以上、2点の内、どちらかが基準に達していない場合は確認措置が適用になる場合があります。

もちろん、契約書面をよく確認する必要がありますが、

契約をキャンセルしたい、端末購入をキャンセルしたいとなった場合は、

制度としてはしっかりとしたものがありますので、

契約したお店に相談してみることをおすすめします。

こちらもどうぞ!!

スマホ モバイルルーター 電波圏外/通信エリアが起因での契約キャンセルは可能?期限は8日間?

au/docomo/Softbank クレームとイレギュラー対応結果調べ

docomo ドコモレピータとは? 自宅内の電波を改善したい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする