500 Internal Server Errorの改善方法について 500エラーについて

500 Internal Server Errorの改善方法

500 Internal Server Errorの改善、解消方法についてお話をさせていただきます。

500エラーは一般的に内部エラーと呼ばれるものになります。

内部というのは、WEBサーバーの内部のことです。

つまりWEBサーバーの内部で問題が発生しているため、

その内部的な問題を改善することが、500エラーの改善方法になります。

※WEBページを閲覧する側では改善を図ることが出来ないエラーになりますので、

今回はWEBページを作成する側の改善方法についてのお話になります。

問題がどこにあるのか、まずはよくある原因について挙げさせていただきます。

スポンサーリンク

主な原因と対策

.htaccessの記述ミス

よくある原因のひとつに、.htaccessファイルに問題がある場合があります。

apache設定が誤っていないか、

アクセス制限の設定、Digest認証に問題がないかを、

今一度確認してみましょう。

PHPやCGIの記述ミス。ソースコードの誤り

サーバー側で作動するPHPやCGIに問題がある場合も500エラーコードは表示されます。

この場合は、まずはソースコードに誤りがないかを確認して、

各種ファイル、フォルダの権限に問題がないか、

属性に問題がないかを確認してみましょう。

サーバーのメンテナンス中

自身の設定に問題がないのになんで?と悩まれる場合がほとんどですが、

実はサーバーのメンテンスが原因の場合もあります。

利用しているサーバーのHPなどで、

メンテナス中か、障害が発生していないかを確認してみるとよいでしょう。

以上、500エラーについてお話をさせていただきました。

※上述させていただきましたが、

WEBページを閲覧する側では解消することが出来ないエラーですので、

WEBページを閲覧する側は焦らず、制作側が対処してくるのは待ちましょう。

こちらもどうぞ。

エラー 502 Bad Gatewayの原因や解決策について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする