LINE 容量を減らす方法

LINEの容量を減らす。スマホ本体の容量を空ける方法

AndroidやIPhoneの本体容量の空きがあまりなく、

本体内の写真や動画をSDカードへ移したり、

削除したりしても容量を大幅に空けることが出来ず、

アプリ毎の容量を確認すると、

LINEが数GBも容量を使っていることがわかり、

どう対処したらいいか、お悩みの方に向けてお話させていただきます。

つまり、本体容量を圧迫しているLINEの容量を減らす方法についてのお話です。

スポンサーリンク

LINEの容量を減らす方法① トーク履歴の削除

普段、LINEをがんがん利用する方は、トーク履歴の削除を試みてみましょう。

文章だけでなく、画像や動画のやり取りをする方でしたら、

不要なトーク履歴を削除するだけで、上手くいけば数GB。

そこまででなくとも、なん百MBの削除に繋がることが大半です。

これだけでもぐっと本体容量を増やすことが出来ますので、

トーク履歴を消してもいいという方でしたら、

是非お試しいただければと思います。

LINEの容量を減らす方法② 友達の整理

無料スタンプを目的に、いろんな企業と友達登録をしている方でしたら、

その企業を友達から削除することにより、LINEの容量を減らすことが出来ます。

友達リストを確認して、やり取りの不要な企業でしたら、

まずブロックリストに登録して、

そのあと、ブロックリストから削除してしまいましょう。

LINEの容量を減らす方法③ タイムラインの削除

タイムラインの情報を整理、削除することでも、

LINEアプリのデータを大きく減らすことが出来ます。

上述した不要な企業からの情報であったり、

普段やり取りをおこなうお友達が送信した過去のタイムラインを、

削除することで、LINEアプリのデータを減らすことが可能です。

LINEの容量を減らす方法④ スタンプの整理

以外と見落としがちなところなのですが、

もう利用していないスタンプの整理をすることでも、

LINEの容量を減らすことが出来ます。

たかがスタンプぐらいの容量でと思いがちですが、

目的は本体容量を空けることなので、

LINEの容量を減らすことにがんがん執着していきましょう。

もし無料期間に取得したスタンプで有効期限が切れているものがあれば、

がんがんに削除して容量を減らしていきましょう。

利用していないアプリがあれば、

もちろんそちらも、削除してLINEの容量を減らしていきましょう。

LINEの容量を減らす方法④ アルバムの整理

LINEの機能で「アルバム」という写真をまとめて整理して、

やり取りを行う機能があるのですが、

トーク履歴を削除することにためらいがあり、

どうしてもやり取りを残しておきたい場合に、

まず、アルバム内の写真を本体に保存して、

そのあとSDカードなどに移行した後に、

アルバムの削除を行えば、大切な写真はなくなりませんので、

そのようにしてから、不要なアルバムを削除することにより、

LI NEの容量を減らすことが出来ます。

LINEの容量を減らす方法 最終手段 データ削除orアプリ取り直し

本体容量が逼迫することにより、様々な不具合が発生しており、

やむをえずどうしてもLINEの容量を限りなく0にしないといけない場合、

最終的には、LINEのデータ削除を行うことで、

LINEの容量を大幅に増やすことが可能です。

背に腹は変えられない場合には、手っ取り早く、

LINEのデータを削除しましょう。

LINEのデータ削除の方法ですが、

設定→アプリ→LINE→ストレージ→データ削除

みたいな流れでだいたいは可能になっています。

どうしてもわからない場合は、

プレイストアで「LINE」と検索して、

LINEを押下すると、「アンインストール」と出るので、

アンインストールを押下します。

アンインストール完了後に、「インストール」と表示されます。

インストールが完了すればLINEを新しく利用することが出来ますので、

背に腹が変えられず、どうしてもLINEの容量を減らして、

本体容量を空けたい方は、お試しいただければと思います。

以上、本体容量を空けるために、

本体容量を圧迫しているLINEの容量を減らす方法について、

お話をさせていただきました。

こちらもどうぞ!!

Android端末のトラブル対処方法

スマホ 問題の切り分け方の仕方 故障なの?不具合なの?仕様なの?

ソフトウェアアップデート後の不具合は誰の責任?対処方法など。Androidスマホ。

au/docomo/Softbank クレームとイレギュラー対応結果調べ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする