フリーランスライターの文字単価の相場について。

下がり続ける文字単価

ランサーズや、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトにおいて、

ライターの文字単価は徐々に下がってきています。

ランサーズや、クラウドワークス内において、

仕事を発注するクライアントと、

それに提案するフリーランスとの、

双方の合意の上で報酬が決まるのですが、

仕事を得るためには、

他の誰よりも安く提案をしなければいけないと考えてる初心者の方や、

経験を積むために無償でもいいから仕事をさせてくれ!

なんて、突拍子もない提案をする方が中にはいらっしゃいます。

足元を見て初めから文字単価、報酬を低く設定し、

仕事を発注するクライアントもクライアントですが、

安価で仕事を得ようと、あまりにも作業に見合わない単価で、

仕事をするフリーランスもフリーランスです。

これからフリーランスのライターとして活動していきたいのであれば、

適切な文字単価、報酬を知っておきましょう。

スポンサーリンク

文字単価の相場

文字単価の相場について、

ランサーズ内の依頼作成画面にて表示される、

相場価格表を参考にし、お話させていただきます。

■リサーチ不要で作成できる記事の文字単価

①誰でも書ける内容:文字単価0.54円~

②経験者が書ける内容:文字単価0.82円~

③専門知識が必要な内容:文字単価1.20円~

■WEBで調べれば作成できる記事の文字単価

①誰でも書ける内容:文字単価0.90円~

②経験者が書ける内容:文字単価1.00円~

③専門知識が必要な内容:文字単価1.60円~

■商品レビューや、インタビューを元にした記事の文字単価

①誰でも書ける内容:文字単価1.27円~

②経験者が書ける内容:文字単価2.01円~

③専門知識が必要な内容:文字単価4.09円~

以上がランサーズ内での参考相場になります。

最近ちょくちょく、 初心者歓迎や、スキルアップなんてことを謳い文句にして、

文字単価0.3円で仕事を発注しているクライアントを見かけますが、

フリーランスライターの皆さま、

あまりにも単価が低すぎますので、その仕事への提案をする前に、

よくよくその仕事を受けることが正しいのかを、

自分のなかで、しっかり考えてみたほうが良いです。

安価な価格で発注した依頼に、

時間を割いてFBをしてくれるクライアントの方が稀でしょうし、

仮に文字単価0.3円の記事作成について、

何度もFBし修正依頼を出し続けるクライアントがいたら、

鬼とか、○○野郎としか思えないですね。

よって、スキルアップを望むことは難しいでしょう。

とにかく今すぐなんでもいいからお金を稼ぎたいんだと言う方は、

安価な文字単価で仕事を受けるしかないのでしょうが、

それ以外の方は自分の時間、価値をしっかり考えてみてください。

個人的には。最低でも文字単価1.0円以上は欲しいですね。

FBがなく楽に仕事が出来るのであれば安価でもいいかなと思いますが、

せめて1.0円以上は個人的に欲しいと感じます。

以上、フリーランスライターの文字単価についてお話をさせていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする