遺品整理はいつから行うの?タイミングや時期の目安、費用について。

遺品整理はいつから行えばいいのか?

故人の遺品整理は故人が亡くなって”四十九日を迎えた後”が目安と言われています。

故人の遺品整理について、簡単にですがご説明させていただきます。

●遺品整理とは

まず、「遺品整理」とはなにかを説明させて頂きます。

「遺品整理」とは文字通り故人の遺品を整理することになります。

遺品処理、遺品処分とも言われます。

遺族で故人の遺品を分け合う場合は形見分けと言います。

遺品整理の業者に遺品整理を依頼する場合、故人の所有物をただ処分するだけではなく、家電製品や高級品などは売りに出され、その売上金を遺族に渡す場合もあるのだとか。

スポンサーリンク

●なぜ四十九日後が目安なのか

遺品整理を行うタイミングとして、なぜ四十九日後が目安となるのかについてお話させていただきます。

仏教では、死者の魂は死後四十九日間は現世を彷徨っていると考えられています。

魂が成仏するのを待ってから、遺品を整理したほうがよいとの考えから、遺品整理は死後四十九日後に行うのが良いとされています。

しかし、四十九日後に拘る必要はなく、気持ちの区切りなどもあると思いますので、タイミングとか目安とかではなくて、気持ちに整理がついたら徐々に徐々に遺品を整理していけばいいらしいです。

費用について

費用については、依頼する業者であったり、作業する業者の人数であったり、処分する家財の種類や量であったり、部屋の間取りなどによって違ってきます。

簡単にですが目安の料金を調べてみた結果は次の通りになります。

1K 35,000円~ 1DK 55,000円~ 1LDK 70,000円~

2DK 110,000円~ 2LDK 140,000円~

3DK 170,000円~ 3LDK 190,000円~

4DK 220,000円~ 4LDK 250,000円~

だいたいの料金の目安はこんな感じです。

以上、遺品整理について、簡単にではございますがご説明させていただきました。

こちらもどうぞ!

デジタル遺品整理について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする