格闘家、青木真也の名言。格言。「空気を読んではいけない」など。

青木真也の名言,格言

格闘家、青木真也の名言や格言、いい言葉を紹介させていただきます。

青木真也は寝技の天才で、「跳関十段」(とびかんじゅうだん)、「バカサバイバー」の異名で知られていますね。

群れない生き方や、空気を読まない生き方、一貫性のない発言に、賛否はあるものの、

青木真也というオリジナルのストーリーを描いているその姿に魅了されている方は多いのではないでしょうか。

それでは格闘家、青木真也の言葉をぜひご覧くださいませ。

格闘技一本で食っていくには

格闘技一本で食っていくには、自分が商品であることを常に意識しなければならない。

試合で勝つために練習がある

僕は常に試合を意識しているので、練習のための練習をしている選手に負けることもあるが恥ずかしいことだとは思っていない。大事なのはあくまでも試合だ。試合で勝つために練習があるという大前提を忘れないようにしている。

実際の試合を想定しないで練習を積んでいる。

練習では無類の強さを誇りながら、試合ではサッパリ勝てない選手もいるが、その多くは実際の試合を想定しないで練習を積んでいる。

格闘技界の人と食事に行けば

格闘技界の人と食事に行けば、馴れ合いが生じて、自分の考えや行動がブレてしまうかもしれない。「格闘家として強くなり、稼ぐ」という目的から外れてしまう。でも、食事に行くことで仕事が取れて、稼ぐことにつながるのであればむしろ行くべき。

誰もが欲しがるような人材でいること

「PRIDE」時代から「自分の値段がいくらなのか」と常に考え、誰もが欲しがるような人材でいることを意識してきた。

その金額は残しておきたくて。

僕がもし死んでも、3人の子どもたちを含めて家族は困らないなという金額を計算しました。その金額は残しておきたくて。思えば、その数字と戦い続けていましたね

試合で戦うメンタルをつくる上で

パフォーマンスだけを考えたら、もっと合理的な練習方法もあり得るはずだが、僕は試合で戦うメンタルをつくる上で、根性論のような理不尽な練習をあえて組み込んでいる。

人生をかけて打ち込めることを見つけられたら

自分が人生をかけて打ち込めることを見つけられたら、人生の8割は成功だと思っている。

「興行」という名の社内政治

格闘技はテレビ放送があるかないかでファイトマネーが大きく変わる。だから視聴率を稼ぐために僕も大衆に迎合し、「興行」という名の社内政治をしなければなりません。サラリーマンだって、社内外の立ち回りをおろそかにしたら利益を生み出せないはず。

スポンサーリンク

空気を読んではいけない

空気を読んではいけない

今着ている服は本当に望んが物か?

今会っている人は、本当に一緒にいたい人か?

隣の芝生が青く見えて本当に欲しい物を見落としてはいけない。

自分がやりたいことをやるのが幸福。

空気を読んではいけない。

自分の本来の目的を

自分の本来の目的を見つめ、そこに向けて手段を考えろ。

強い気持ちと負けてしまうのではないかという不安が同居

試合に臨む僕の心の中では、常に勝ちを信じる強い気持ちと負けてしまうのではないかという不安が同居している。

お互いが対等の立場で仕事をするべき

主催者側とギャラの交渉をするとき、接待は受けません。お互いが対等の立場で仕事をするべき。そのうえで、「この値段でやりましょう」と落とし所を見つける作業をし続けているんです。

レフェリー止めろよ

レフェリー止めろよ。お前が桜庭さん壊してんだよって思ったけど。日本復活とか言ってるけど、人潰して盛り上げるのかって。

相手のコーナーにも、レフェリーにも「タオル投げろよ」「動かないですよ」と言ってるのに。人潰して盛り上げようとしてるんなら、気持ちのいい仕事じゃないですね。正直、うれしくないですよ。

対戦相手から何かを取り入れよう

勝ち負けは別にして、僕は毎試合、対戦相手から何かを取り入れようと意識している。

代えがきかないファイター

代えがきかないファイターは自然と商品価値が高くなる

やり切ったならば

やり抜くことが大切だと思っている。好きなことをやり抜き、やり切ったならば、どんな結果であれ受け入れることができるはずだ。

公平や公正ってどこまでいうんだろうね

公平や公正ってどこまでいうんだろうね。チャンピオンがわざわざ敵地で試合するのは公平なのかな?

リング上だけはその価値観

強い=正しい。リング上だけはその価値観で生きてる。

そんな苦行を和らげるものが家族であり、格闘技であり、仕事

僕は生きていくのは、つらく、苦しいことだという認識です。そんな苦行を和らげるものが家族であり、格闘技であり、仕事なんですよ。

以上、格闘家、青木真也の名言や格言、いい言葉を紹介させていただきました。

こちらもどうぞ!

マイク・タイソンの名言「1セントさえ持てなかったときのほうが、もっともっと自由だった」ボクシング/名言

ゲンナディ・ゴロフキンの名言。ミドル級最強のボクサー。ボクシングの名言。

辰吉丈一郎 最高にかっこいい男の名言「99%だめ?あと1%あるやん」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする