+メッセージ 、ガラケーにCメール送れなくなる?!SMSアップデートについて!

+メッセージ(プラスメッセージ)について!!

5/9から、au,softbank docomo,三者共通で始まる新サービス、+メッセージについてお話させていただきます。

+メッセージとはどういうものなのか簡単に解説すると、

①パケット通信を利用

②送信できる文字数の制限が2700文字程になる。

③電話番号宛に(Eメールアドレス不要)写真や動画も送信可能

④スタンプも送信可能(もちろん絵文字も)

+メッセージとはこんな感じのサービスになります。

電話番号さえわかれば、文字だけでなく、写真や動画も絵文字もスタンプも送信できるので大変便利なサービスですね。

SMSから、+メッセージの切り替えについては、auの情報だと、アプリのアップデートを行えばいいだけのことなのだとか。

事前に、+メッセージサービスについてのお知らせを既に顧客に配信済みらしいです。

良いこと尽くしで、素晴らしいなんて思いがちですが、デメリットもあるので、注意換気としてデメリットについてお話させていただきます。

スポンサーリンク

注意換気!!+メッセージのデメリット

まず、注目したいのが従来の送信方法(電話回線)での方法ではなく、インターネット回線(パケット通信)を利用するということです。

つまり!

SMSアプリから、+メッセージに切り替えると、従来のCメールやSMSを利用している端末には送受信できなるなります!

いわゆるガラケーと呼ばれている端末に関しては、+メッセージを利用するためのアップデートは今のところ配信されない予定なのだとか。

それから、au,softbank ,docomo,この三社共通のアプリということですが、裏を返せば、この三社しか利用できないということです。

格安スマホと呼ばれるMVNOに関してはサービス開始時には電話番号宛にメッセージを送信することも、受けることも出来なくなります。

もちろん、パケット通信を利用するので、インターネットが利用できる契約をしていない端末に関しては、+メッセージを利用することで出来ません。

簡単に言うと、

送受信できるのは、インターネット契約をしているスマホだけ。

ということになります

その他にも、メーカー独自のSMSアプリを搭載している端末は+メッセージ利用不可です。

ちなみに、現在すでに販売している、ガラホも対応予定が未定だったりするのだとか。

ということは、

①ガラケーとのやり取りが出来なくなる。

②スマホとのやり取りも出来なくなる可能性がある。

③MVNOをご契約の方とやり取り出来なくなる。

④そもそも誰ともやり取りが出来なくなる可能性がある。

つまり、安易にSMSのアップデートをしてしまうと、上記のようなデメリットが生じてしまうということになります。ご注意ください。

5/6訂正

+メッセージアプリでも、SMS機能は失われず、アプリ内で、+メッセージ機能と、SMS機能の切り替えが可能なのだとか。大変失礼いたしました。

SMS送信モードに切り替えて、メッセージを送信する場合は、従来通りの料金体系になるそうです。

つまり、今までと変わらず、ガラケー宛へもMVNO宛にも、メッセージの送受信が可能です。

気になるパケット通信量

パケット通信を利用するとお話させていただきましたが、どれくらいの通信量がかかるのか気になったので調べてみました。

例えば、従来通り文字だけ1通(200文字程度)の送信であれば、

10万通ほどで100MB(0.1GB)ぐらいになりそうです。

文字だけであれば、パケット通信量をたくさん使って、通信規制(通信速度制限)にかかる心配や、段階的な料金所体型のプランでも、料金が羽上がる心配はなさそうですね。

以上、+メッセージ(プラスメッセージ)サービスについてお話しさせていただきました。

こちらもどうぞ!

Android端末のトラブル対処方法

ソフトウェアアップデート後の不具合は誰の責任?対処方法など。Androidスマホ。

スマホ モバイルルーター 電波圏外/通信エリアが起因での契約キャンセルは可能?期限は8日間?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする