エラーコインの種類一覧、価格について 10円玉、50円玉etc

エラーコイン

エラーコインという言葉をご存知でしょうか?

TV番組でたまに取り上げられることがあるのですが、普段利用している硬貨(1円玉、5円玉、10円玉、500円玉など)に、エラー(イレギュラー、ミス)が発生しているものを、エラーコインと呼びます。

コイン収集家やマニアの間で買取価格が高騰しており、コインにエラーがあることで、そのコインに数十万円以上の価値がつくこともあるのだとか。

貨幣が流通するまでに、厳しい点検が行われるため、エラーが発生しているコインは流通しないはずなのですが、ヒューマンエラー等で、ごく稀に流通してしまうことがあり、その希少度から数十倍の価格をつけてでも手に入れたい方が多いのだとか。

今回はそのエラーコインの種類一覧や、そのエラーコインがだいたいどれくらいの価値があるのかを紹介させていただきます。

財布や貯金箱の中にエラーコインがあるか是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

種類一覧&参考価格

穴なしエラーコイン

コインの真ん中には丸い穴が開いているのが正常ですが、

コインの真ん中の穴が塞がっているエラーが発生したコイン。

このエラーコインの場合、20万円以上の値段がつくことがあります。

穴ずれエラーコイン

コインの真ん中の丸い穴が中心がずれてしまっているエラーが発生したコイン。

このエラーコインの場合、20万円以上の値段がつくことがあります。

穴がずれていればいるほど価値があがるのだとか。

ヘゲエラーコイン

コインの一部が折り紙のように一部の部分だけ折れているエラーが発生したコインや、

金属の塊がコインについてしまったエラーが発生したコイン。

このエラーコインの場合、数千円の値段がつくことがあります。

穴なしや、穴ずれのエラーコインと比べると価値が低いですが、エラーコインには人気度もあり、ヘゲエラーコインは見た目が悪くあまり好む人がいないのだとか。

製造された年が新しければ新しいほど価格があがります。

影打ちエラーコイン

コインの表と裏は正常であれば別々の模様ですが、

その模様が表と裏で一緒のものになってしまったエラーが発生したコイン。

このエラーコインの場合、10万円以上の値段がつくことがあります。

こちらも、製造された年が新しければ新しいほど価格があがります。

裏写りエラーコイン

コインの表の模様に、本来写るはずのないコインの裏の模様が重なって刻印されたエラーが発生したコイン。

このエラーコインの場合、数千円から数万円の値段がつくことがあります。

刻印ずれエラーコイン

コインに刻印されている文字のバランスが崩れてしまっているエラーが発生したコイン。

上下均等にコインと刻印との間に余白があるのが正常ですが、その余白があきらかに上下で違っているコイン。

このエラーコインの場合、数万円から数十万円の価格がつくことがあります。

刻印のずれが大きければ大きいほど価格があがります。

以上、エラーコインの種類や参考価格についてお話させて頂きました。

こちらもどうぞ!

キャッチセールスにはご用心。キャッチセールスの手法やトークフロー。

悪徳デート商法!異性の魅力を武器にした許されざる犯罪。ハニートラップ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする