スマホの左上の鍵マークや保護された通信 httpsとhttpの違いや意味について

スマホ左上の鍵マークや、保護された通信の意味

スマホでインターネットを閲覧していると、WEBブラウザ(chrome等)の画面の左上に鍵のマークがついていて、これってなんだろうと思われた方は少なくないと思います。

また、パソコンでインターネットを閲覧している際にでも、左上に「保護された通信」と表示されたり、「このサイトは保護された通信ではありません」と記載があるのに気づいて、安全なのか、安全でないのかと心配になられた方もいらっしゃかると思います。

今回は、鍵マークや、保護された通信の意味についてお話させていただきます。

勘のいい方はおそらく気づいているかと思いますが、鍵マークが出ている時は、そのサイトのURLが「https」から始まるものになっており、鍵マークが出ていない時は「http」になっています。

保護された通信となっている場合もURLが「https」から始まるものになっており、保護された通信ではありませんとなっている場合は「http」となっています。

単純にhttpの後に「S」がつくか、つかないのかということなのですが、このSが安全なサイトなのか、安全ではないサイトなのかの、それこそ鍵なのです。

スポンサーリンク

httpsとhttpの違いや意味

それでは、「http」と「https」の違いについてです。

そもそもhttpとは「Hyper Text Transfer Protocol 」の略です。

httpsは「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略になります。

つまり、「S」は「Secure」なのです。しっかりと鍵をかけられており安全ということです。

少し専門的な話になるのですが、「https」のサイトとは「SSL」という、閲覧側のブラウザと、サイト側のサーバー間を行き来するデータに当事者でないと意味が通じないような暗号化をかけた通信プロトコルを利用しています。

決して「http」のサイトが危険なサイトということではないのですが、「SSL」通信を利用しているサイトの方がより安心して利用できるというものになっています。

例えば個人情報を入力するようなサイトではほとんどの所が「https」になっていますし、インターネットショッピングのサイトもほとんどのところが「https」になっていて、鍵マークや、保護された通信と表示がされているものになります。

以上、スマホの左上の鍵マーク、保護された通信についてお話しをさせていただきました。

こちらもどうぞ!

TLSとは?TLSの意味。スマホやパソコンのインターネットセキュリティについて。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする