甲本ヒロトの名言「世界一うまいラーメンはカップラーメンになっちゃうよ」「楽しいと楽は違うよ」

甲本ヒロトの名言

甲本ヒロトの名言を紹介させていただきます。

以前に「夢の見方」についての甲本ヒロトの名言や、

相方の真島昌利の名言を紹介させていただいたのですが、

今回は様々な甲本ヒロトの名言や格言を紹介させていただきます。

それではご覧くださいませ。

スポンサーリンク

俺らが欲しいの今だけです!

ダイヤモンドの行商人がやってきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ。 俺らが欲しいのは今だけです。

幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ!

幸せを手に入れるんじゃない。 幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ。

人と同じにはならないでしょう?

人と同じものが嫌とか、そういうのはあまりない。自分が好きなものを集めてたら、人と同じにはならないでしょう?

その時は心を込めて

言いたいことは言う。 その時は心を込めて言う。

売れているものが良いものなら

売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ。

いつだって今が最高

時代は良くも悪くもなってない。いつだって今が最高。

地球というテーマパーク

なんだか僕は地球というテーマパークに生まれたような気持ちがするよ。パスポートを持って。

ダイナミズムを味わうってことがもっとも贅沢な生き方

悩むことは当たり前だし、それこそがダイナミズムだと思うんだよ。
それを楽しめないともったいないよ。

がっかりする時は思いっきりがっかりしたり、失望したり、切望したり、恋が叶ってもいいし、失恋してもいいし。

その瞬間をしっかり掴まえて、心臓が張り裂けるようなダイナミズムを味わうってことが、もっとも贅沢な生き方じゃん。

俺は生きていたいんよ。

死んだら死んだでいいさ、なんて俺は言えないわ。 俺は生きていたいんよ。

ギタリストのピーク

ギタリストのピークはギターを初めて弾いて感動した瞬間。

馬鹿なら馬鹿ほど。駄目なら駄目なほど。

馬鹿なら馬鹿ほどカッコええ。駄目なら駄目ほどカッコええとか、そういう世界ってあるんよ。

「楽しい」と「楽」は違う

「楽しい」と「楽」は違うよ。

「楽しい」と「楽」は対極だよ。

楽しいことがしたいんだったら、楽はしちゃダメだと思うよ。
楽しようと思ったら、楽しいことはあきらめなきゃダメだね。
ただ 生活は楽な方が絶対いいと思うよ。

でも人生は楽しい方がいいじゃん
生活は楽に、余計なことには気をとられず、人生は楽しく。

自分が頑張れば自然と時代は変わる

時代を変えよう言うのは、すべてをあきらめた人が言う言葉なんよ。 自分ががんばれば、時代は自然と変わるんじゃねえの?

落ち込むのと失望は違う

落ち込むのと失望は違うんよ。 だって、落ち込んでても夢や愛は信じとるもん。

友達の方が大切

戦争やってる遠くの国のことよりも友達の方が大切だと思うけどなぁ。

俺騙されたもん

中学生騙すのがロックだと思う。だって俺騙されたもん。

ロックンロールの感動は自分の存在を許すもの

自分の存在”というキーワードを使うんだったら
ロックンロールの感動は自分の存在を許すものだと思う
「いてもいいんだよ」「生きてもいいんだよ」
「感動してもいいんだよ」「泣いてもいいんだよ」
「笑ってもいいんだよ」「そこに存在してもいいんだよ」って言ってくれてるかんじ
誰の許可もいらないんだ それをロックンロールが僕に言ってくれるんだよ。

以上、甲本ヒロトの名言、格言を紹介させていただきました!

こちらもどうぞ!

甲本ヒロト「夢の見方について」

真島昌利の名言

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする