イチローの名言,格言集 目標や失敗、嫌なことについてなど。

イチロー

日本プロ野球と、メジャーリーグで、数々の偉大な記録を打ち立てた、天才イチローの名言や格言、いい言葉を紹介させていただきます。

名言

「グラウンドの上では自分の築きあげてきた技術に対する自信。今までやってきたことに対する自信。『やりたい』と思う強い気持ちが支えになります」

「自分を客観的に見て、やるべきことをやります。それは、どんなときにも変わらないものなのです」

「特別なことをするためには普段の自分でいられることが大事です」

「自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき」

「ぼくのプレイヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては測れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、すべてはバランスと考えています」

「なりふりかまわないで自分の行きたい道を進むこと」

「決して、人が求める理想を求めません。人が笑ってほしいときに笑いません。自分が笑いたいから笑います」

「ヒットを一本増やしたいとポジティブに考えるのです。そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね」

「練習で100%自分を作らないと打席に立つことは出来ません。自分の形を身に付けておかないと、どん底まで突き落とされます」

「やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています」

「前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む」

スポンサーリンク

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」

「準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく」

「やってみてダメだとわかったことと、はじめから、ダメだと言われたことは、違います」

「特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする」

「僕は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにも、いい成績を残したかった」

「大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。そう考えられるようになると、可能性が広がっていく」

「まず自分の好きなことを見つける。そうすれば、自分を磨けるし、先へ進める」

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい」

「チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません」

「妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない」

「相手が変えようとしてくるときに、自分も変わろうとすること、これが一番怖いと思います」

「少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事」

「練習で作った形を100%としたら、70%や80%の力で結果を出さないといけません」

「重圧がかかる選手であることは誇りに思う」

「人のアドバイスを聞いているようではどんどん悪いほうにいきます。周りは前のフォームがどうだったとか言いますが実はそんなことはたいしたことではないのです。精神的なものが大きいと思います。どうやって気分を替えるかとかそういうことが大事です」

「自分自身が何をしたいのかを忘れてはいけません」

「自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから」

「夢は近づくと目標に変わる」

「進化する時っていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね」

「何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います」

「パワーは要らないと思います。それより大事なのは 自分の『形』を持っているかどうかです」

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない」

「今、自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず」

「苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが勝負の世界の醍醐味」


「自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって自分が惑わされたくないのです」

「考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります」

「ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね」

「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない」

「気持ちが落ちてしまうと、 それを肉体でカバーできませんが、 その逆はいくらでもあります」

「汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます」

「バットの木は 自然が何十年も掛けて育てています。僕のバットはこの自然の木から手作りで作られています。グローブも手作りの製品です。一度バットを投げた時、 非常に嫌な気持ちになりました。自然を大切にし、 作ってくれた人の気持ちを考えて 僕はバットを投げることも地面に叩きつけることもしません。プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです」

「グラブはもちろん身体の一部だと考えています。外野手だから長いグラブを使っているのですが、指先まで神経が通らないと、感覚が麻痺してボールが捕れない。グラブの先まで感じられるグラブでないとイヤです」

「本物でないものはすぐに見破られます」

「驚かれているならまだまだです。驚かれないようになりたいです」

「結果が出ない時、どういう自分でいられるか。決して諦めない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」

「僕は天才ではありません。 なぜかというと自分が、 どうしてヒットを打てるかを 説明できるからです」

「ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。自分にとって最も大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです」

「チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません」

「チームに乗せてもらうことはありますが、そういう時は少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです」

「高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ちできればその次の目標も持っておくことです。それを省いて遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。高い所にいくには下から積み上げていかなければなりません」

「結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは野球選手としてではなく人間をつくるために必要です」

「今、自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない」

「できなくてもしょうがないは、終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら 絶対に達成できません」

「苦悩というものは前進したいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです」

「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから」

「なにかを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある」

「誰よりも自分が(自分の活躍に)期待しています。自信がなければこの場にいません。プレッシャーがかかる選手であることが誇りです」

イチローの言葉はほんと考えさせられますね。

なにごとも積み重ねが大事であり、たまたまの積み重ねではなく、しっかりとしたプロセスを経て出した結果が大事。常に準備をして自分と向き合うことが大切ということがすごく伝わってきます。

それでは最後にもうひとつイチローの言葉紹介させていただきます。

4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね

まさに名言!

人生の糧となる格言!ですね。

以上、イチローの名言、格言、いい言葉を紹介させていただきました。

こちらもどうぞ!

●長嶋茂雄の名言

●王貞治の名言

●プロ野球選手引退スピーチ集

●高橋由伸の名言

●松井秀喜の名言

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする