人生とは?人生に関する名言、格言、いい言葉。

人生に関する名言

人生とはなにか、生きているなかで必ず誰しもが考えるであろうテーマについての名言、格言、いい言葉を紹介させて頂きます。

人はなんのために生き、なんのために終わりを迎えるのか、

その間、なにを成していけばいいのだろうか。

なんのために自分が存在しているのだろうか。

そう思うことは必ずしもあると思います。

今回はそんな人生についてのお話です。

スポンサーリンク

人生とは?

リスクを選ぶ勇気が無い者は、人生において何も達成することが出来ない (モハメド・アリ)

涙とともにパンをかじった者でなければ、人生の本当の味はわからない (ゲーテ)

人は心が愉快であれば、終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって、人生の行路を歩まねばならぬ。 (シェイクスピア)

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある (アルベルト・アインシュタイン)

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ (ニーチェ)

人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である (ナポレオン・ポナパルト)

これはこの世での使命が終わったかどうかを知るためのテストだ。
もし生きているのならば、使命はまだ終わっていない (リチャード・バック)

人生という本には、うしろのほうに答えが書いてあるわけじゃない」 (チャーリーブラウン)

労働なくしては、人生はことごとく腐ってしまう。だが、魂なき労働は、人生を窒息死させてしまう (アルベート・カミュ)

1時間の浪費を何とも思わない人間は、人生の価値を見いだせていない (チャールズ・ダーウィン)

幸せはゴールではなく、満足に生きた人生の副産物なのです (エレノア・ルーズベルト)

即戦力になるような人材なんて存在しない。だから育てるんだ (スティーブ・ジョブズ)

人生はフェアじゃない。そのことに慣れるんだ (ビル・ゲイツ)

簡単な人生を願うな。困難な人生を耐え抜く強さを願え (ブルース・リー)

たいていの人はほんとうになにがほしいのか、心の中でわかっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。 (バーバラ・ブラハム)

「生きる」とは、この世でいちばん稀(まれ)なことだ。
たいていの人は、ただ「存在」しているだけである (オスカー・ワイルド)

人生とは自分を見つけることではない。 人生とは自分を創ることである。 (バーナード・ショー)

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。 (ゲーテ)

たくさん経験をして たくさん苦しんだほうが、 死ぬときに、 ああよく生きたと思えるでしょう。 逃げていたんじゃあ、 貧相な人生しか送れませんわね。 (瀬戸内寂聴)

出典
生きる意味がわかる名言集|疲れたときなどに元気が出る言葉たち。-カウモ

「生きる」とは、この世でいちばん稀(まれ)なことだ。
たいていの人は、ただ「存在」しているだけである (オスカー・ワイルド)

以上、人生についての名言を紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする