お酒(アルコール)はDNAを損傷し、がんのリスクを高めてしまう?!

お酒(アルコール)が、がんのリスクを高めてしまう研究結果が発表された。

アルコールはDNAを損傷し、がんのリスクを高めてしまうと、英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表したというニュースが入ってきましたので、簡単にではありますが紹介させていただきます。

背景

培養細胞を使った研究でこれまでにも、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドが、DNAを損傷することは確認されおり、アルコールの摂取が、がんのリスクを高めることが指摘されていた。しかしそのメカニズムは謎であった。

実験内容

パテル教授のチームがマウスを使い、マウスにエタノールを投与し、生きている臓器の反応を確認。

結果

エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまった。

結論

がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性がある。

以上、簡単にではありますが、アルコールとがんのリスクについてのニュースを紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする