イブプロフェン 鎮痛薬の成分が男性不妊に関係か?!

市販の鎮痛薬の成分として使われているイブプロフェンと男性不妊との関係を指摘する研究結果が、8日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された。

というニュースが話題になっていますので簡単にご紹介させていただきます。

背景

以前に、フランスとデンマークの研究チームは、世界各国で市販の鎮痛薬の成分として一般的に使われているアスピリン、アセトアミノフェン(別名パラセタモール)、イブプロフェンの3薬品について、妊婦が服用した場合の影響を調べていた。

その結果、3薬品とも男の赤ちゃんの睾丸(こうがん)に影響を及ぼすことが判明していた。

特に影響の強いイブプロフェンに重点を絞り成人男性への影響を調べてみることにした。

実験内容

若い男性の被験者に、スポーツ選手が使っているのと同じ量のイブプロフェンを服用してもらう。

具体的には、18~35歳の男性31人を被験者として、うち14人には600ミリグラムのイブプロフェンを1日2回、服用してもらう。

これは多くのスポーツ選手が1日に服用する量に相当する。

残る17人には偽薬を服用させた。

実験結果

イブプロフェンの摂取で、生殖機能が低下する中年期のようなホルモンの状態になることが分かった。

イブプロフェンを服用した男性は14日以内に、黄体形成ホルモンが、血中を巡回するイブプロフェンの濃度と同調するようになった。

同時に、黄体形成ホルモンに対するテストステロンの割合が減少する睾丸機能不全の兆候が確認されたとのこと。

結論

①若い男性が短期間のみイブプロフェンを服用した場合であれば、影響が出たとしても、確実に元の状態に戻ることができる。

②長期間イブプロフェンを服用した場合、健康にどんな影響が出るかは分からないとのこと。

ちなみに、別の研究では、北米や欧州、オーストラリア、ニュージーランドで男性の精子の数が激減しているという調査結果も発表されたとのだとか。

子どもを持つ予定の男性は、数カ月間は薬品の使用を控えた方いいと、ミズーリ大の研究者がアドバイスしているそうです。

以上、話題のニュースを紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする