朝青龍 名言 「相撲は負けて覚えるもの。勝って覚える相撲はどこにもない」

朝青龍

第68代横綱、朝青龍の名言を紹介させていただきます。

朝青龍は幕内で596勝153敗76休、幕内最高優勝25回と輝かしい成績を誇った大横綱です。

名言

相撲は負けて覚えるもの。勝って覚える相撲はどこにもない

いくらいい体があって、力があっても、頭を使わないとダメ。

最高の男たちに負けない体を作ってぶつかりたい。

大きな山を視ず足元の石ころを見て頑張りました。

つまらない事に厳しく文句言う、それより強い力士作る事大切!!文句無して勝つ力士万歳

品格、品格というが土俵に上がれば鬼にもなるし、やっぱり精一杯やらなきゃいけない

言葉も違うモンゴルの大草原から来た少年を…横綱への支援、育ててくれた皆様に感謝したい。

記者だって妻も子供もいて飯を食わせていかなければならない。多少、至らないところはあったが、こういう世界では仕方がない。

以上、大横綱、朝青龍の名言を紹介させていただきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする