出国税、日本人も対象に!1人1000円?

出国税

政府は日本から出国する人に課す「出国税」について、1人千円とする方針を固めたというニュースが入ってきました。

19年度からの開始を目指しており、旅行業界からの反発も予想され、今後議論を呼びそうなのだとか。

400億が新たな財源?

16年度の出国者数は約4000万人。

仮に1人1000円の出国税を徴収できたとしたら、新たに400億円ほどの税収が見込まれることになります。

ちなみに観光庁の来年度の昨年度の予算は210億円らしく、出国税が決まれば税収額は予算を大きく上回ります。

しかし、格安旅行会社を中心に旅行代金が上がることへの反発は容易に予想されますね。

ちなみにオーストラリアでは、1人5000円が徴収されており、韓国も出国者から1000円程度徴収しているのだとか。

反発はあるものの、これからオリンピックを控えており、日本への出入国の増加化が予想されるなかで、出国税を徴収できれば大きな財源を確保できるのは間違いなし。

これからの動きに注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする