金属バットと木製バットの違いとは?打ち方や構造について。

金属バットと木製バットの違いとは?

高校野球で活躍する選手の評判のなかで、金属打ちだとか、木製バットの対応に苦労するなどの評価をニュースで取り上げられているのをよく耳にします。

現在のところ、少年野球や高校野球は金属バット、大学野球や社会人野球、プロ野球は木製のバットが使用されていますね。

高校より先で野球を続けるのなら木製バットに対応していかないといけないのですが、金属バットと木製バットはどう違うのかが気になりましたので調べてみました。

芯の広さ

バットの芯、いわゆるスイートスポットと呼ばれるボールを打つべきポイントが、金属バットの方が広く、木製バットの方が狭いのが特徴です。

バットの重心

金属バットはバットの重心がグリップ寄りにあり扱いやすく、

木製家具バットは、重心がヘッド寄りにあるので扱いが難しいと言われています。

折れやすさ

金属バットと木製バットだと圧倒的に木製バットの方が折れやすいということは当たり前の話ですね。

経済的な理由からも折れやすい木製バットではなく、折れにくい金属バットを少年野球、高校野球で利用されています。

中空

バットの構造の話なのですが、木製は中空ではなく、金属は中空になります。

これにより金属バットであれば技術うんぬんよりも、力いっぱい振り回してボールに当てれば、かなり遠くまで飛んでいくようになっています。

飛距離

飛距離については金属バットの方が飛ぶと言われていますが、木製バットでもしっかりと芯に当てればそう変わらないとのこと。

金属バットの方が芯が広く、芯を外したとしてもある程度の飛距離が出ることから金属バットの方が飛ぶと言われています。

打ち方

基本的な打ち方の違いについてはないのですが、スイートスポットが狭く扱いにくいとされる木製バットにかんしては合理的に力を伝えるスイングが求められます。

一般的に力の伝わりにくいとされる「ドアスイング」をしている選手は木製バットの対応に苦労すると言われています。

コンパクトに力強く正確にジャストミートすることが木製バットには求められてきます。

以上、金属バットと木製バットの違いについてお話しさせていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする