イップスとは?スポーツ選手を悩ませる運動障害について。

イップスとは?

スポーツ選手を悩ませる「イップス」についてお話しさせていただきます。

よくスポーツニュースを読んでいると「イップス」に悩まされ選手生命を絶たれた、イップス改善に向けて取り組んでいるという言葉が出てきます。

このイップスとはなにかと言いますと、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことを言います。

元々はゴルフの用語として、プロゴルファーのトミー・アーマーが名付けたものになります。

今までスムーズにパッティングをしていたゴルファーが、ある日突然緊張のあまり、カップのはるか手前のところで止まるようなパットしか打てなかったり、カップをはるかにオーバーするようなパットを打ったりするようになったりと、今まで当たり前のようにできていたプレーが、思うようにできなく症状のことを言います。

野球でいうと、ピッチャーがストライクが当然入らなくなり、大暴投を繰り返す。

野手がまともな送球が出来なくなり、意図せず自分の真下にボールを叩きつけてしまうような症状のことを言います。

原因

このイップスはなにが原因で引き起こされるのかと言うと、極度の緊張であったり、失敗体験により、また同じように失敗するのではないか、うまくいかないのではないかと精神的に追い詰められてしまうことが原因だと言われています。

克服、改善、対処方法

残念ながら完全な治療方法というのは未だに解明されていないのですが、

効果的な克服方法としてあげられているのが、まずはなにが引き金になっているのかを究明し直視させ、小さな成功体験を重ねていくということがあげられています。

悩めば悩むほど悪化していくので、成功した姿を映像にとらえ、その映像を繰り返しみるのも大事なことだと言われています。

成功体験を重ねて、いいイメージを持ってプレーするってことですね。

精神的に追い詰められて辞めていく選手を見るのはファンとしても辛いものですので、もしイップスに悩まされている選手がいたら温かく見守っていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする