亀田の親父 亀田史朗の名言

亀田史朗

亀親父、亀父こと、亀田三兄弟を世界チャンピオンに導いた名トレーナーの名言を紹介させていただきます。

「ここまで育ててくれたのは親父やし、チャンピオンにもなれた。
悪くもいわれるけど世界一の親父だと思っている。いつまでたっても親父にかわりはない」と亀田三兄弟の長男、亀田興毅の発言からもわかるように世界一の親父の言葉に触れてみたいと思います。

名言

自分はどうなってもいいんです。ただ、親として、とても苦しんでます

いじめられる側にも問題がある。しかし、いじめはしてはいけないと思う。俺らはどんなにパッシングされようとも負けない

何でも基礎が大事や、サンドバッグどつくん上手かってもチャンピオンにはなられへん。まず体作りや、基本姿勢が大事。あとは気持ちと、やり続けること。俺はそう考えてる。

いじめについて

無くなることは無いと思うな でもちょっとでも少なくする… それはやっぱり親がな 俺いつも思うねんけど 人の家庭がどうこうではなくな 親がもうちょっとな 子供の事やねんからな 見てやったらどうかなと思う 会話したり様子を伺ったりな それが一番やと思う 言うたって子どもやからな 相手はな

以上、亀田三兄弟の父、亀田史朗の名言を紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする