亀田大毅の名言 格言 いい言葉。

亀田大毅

浪速乃弁慶、亀田大毅の名言を紹介させていただきます。

亀田大毅は亀田三兄弟の次男で、第71代WBA世界フライ級王座、第25代IBF世界スーパーフライ級王座を獲得した偉大なチャンピオンです。

名言

地上最強の覚醒や!

お兄ちゃんと和毅と違って、俺は子供のころから世界チャンピオンになれへんって、親父に言われてきたから。俺が欠けたら、3兄弟で世界王者になれへんじゃないですか。だから、俺が欠けたらアカン、俺が欠けたらアカンってホンマにそれだけでした

あれはあれで自分の姿

子供のころはボクシングが好きになれなかった。観に行ってもほとんど寝てた。(お客さんが)こんな大金出して見に行くのか?そこで何が出来るのか?と思って歌を歌った

世界チャンピオンの肩書を持っていると、どこかの会社の社長さんとか、普段会えないような人とも話せたりするじゃないですか。それはボクシングをやってきて、世界チャンピオンになれたからやと思います。

死に物狂いで努力できた人。一人一人がチャンピオン

ポイントアウトで勝って許されるのはフロイド・メイウェザーぐらいでしょ

一つ踏み込んで打つのがボクシング

僕の場合は、いろんな経験をさせてもらって、ムチャクチャ苦しい時期もありました。でもそんな経験、なかなかできないし、終わってみれば幸せやったなってホンマに思います。

以上、亀田大毅の名言を紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする