スマホ当たり屋に注意!手口、対処方法などをご紹介

注意喚起!スマホ当たり屋!

駅のホームでスマートフォンを操作しながら歩いていた女性にわざとぶつかり、重傷を負わせたとして、63歳の男が逮捕されたというニュースが入ってきました。

このような、歩きスマホをしている人にわざとぶつかる当たり屋行為が増え続けているのだとか。

今回は皆様への注意喚起として、スマホ当たり屋についてお話しさせていただきます。

スマホ当たり屋とは?

スマホ当たり屋とは上記で挙げさせていただいように、歩きスマホをしている人を狙って、わざとぶつかる行為を働く人を差します。

ニュースになったように相手に怪我を負わせて自分が捕まってしまうなんてことは稀なのですが、歩きスマホに関わる事案というのは年々増え続けているらしいです。

スマホ当たり屋の手口

スマホ当たり屋はどのような手口で結局なにを狙っているのか説明させていただきます。

多くの手口は、あらかじめ壊れたスマホをバッグに入れていてわざとぶつかり、「スマホが壊れた」などと因縁をつけ、金銭を要求するケースがあるのだとか。

結局は金銭狙いってことですね。

あらかじめスマホを用意してなんてことをしない輩もいまして、

単純に、ぶつかられて怪我をしたから慰謝料をだせとかそんな感じのもあるのだとか。

たしかに、車にぶつかっていくよりも歩いてくる人にぶつかっていく方が簡単そうですがいい迷惑ですね。

対処方法

対処方法について、歩きスマホをしないってことに結局はなってしまいますが、もしそういう当たり屋に引っかかってしまった場合は、警察を呼んで間に入って話をしてもらうようにしましょう。

当たり屋も不当な警察沙汰は好まないので、警察を呼ぶ、知り合いに弁護士がいるなら弁護士に間に入ってもらう。最近ではミニ保険なるものがあって、なにか事が起きた場合に弁護士に相談ができる保険なんてものもありますので、そういうものに加入している方はそれを利用した方がいいでしょう。

こうしたスマホ当たり屋なるものが存在するということを知っておけば、その当たり屋に出くわした時に慌てず対処できますので、注意喚起としてスマホ当たり屋を紹介させていただきました。

皆様のお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする