田中将大の名言。「遠い未来は目指さない。常に明日の目標をクリアし続ける」

田中将大の名言

田中将大の名言、格言、いい言葉をご紹介させていただきます。

田中将大は駒澤大学附属苫小牧高等学校で甲子園で活躍し、

高校を卒業してからは、

東北楽天ゴールデンイーグルス 、

ニューヨーク・ヤンキース と、

日本ならず世界でも活躍を続けるプロ野球選手です。

アスリート、スポーツ選手の発する言葉は非常に力強く、日々を暮らすなかで参考になる言葉がたくさんありますね。

遠い未来は目指さない。常に「明日の目標」をクリアし続ける。

これぞまさに名言ですね。

ひとつひとつ積み重ねていくことが大切なんだということですね。

今出来ること、今やらなければならないことをしっかりと把握し、自分に課題を与え、ひとつひとつ達成していけばいいんだよと教えてくれる名言ですね。

これだけは変えられない、これだけはずっと持っていないといけないというものを大事にして欲しい。ブレてはいけない。絶対に軸がないと駄目です。

自分の考えがブレることで、夢や目標もブレてきますから、自分がなにをしたいのか、どう考えているのか、どういう気持ちなのかってことをしっかり自分で持っていないとダメだということですね。

仕事だから野球をする、なんて思ったことは一度もない。好きだから野球をやっているんだ、という想いがあるだけ

こういう気持ちがあるからこそ成長を続けていけるのでしょうね。

仕事だから「やらなければならない」ではなく、

好きだから「やりたい」っていう思考がいい結果をもたらしているのでしょう。

アスリート、スポーツ選手のこうした発言は本当に活力を与えてくれますね。

大切なのは、ただ熱くなるだけじゃなくて、熱くなっている自分を見ているもうひとりの自分がいること。闘争心と冷静さのバランスが重要だと思っています

闘争心と冷静さのバランス。これもまた名言ですね。

熱く物事に望むのだけれども、自分を客観視できる冷静さを持っていないと、

ただ突っ込むだけになって、曲がり道なのに曲がれなかったりするってことですね。

今どういう状況なのかを冷静に判断できる自分がいれば、正しい舵取りができるので、気持ちは高ぶっていても頭は冷静にいこうということですね。

マウンドに上がれば、自分を疑うことはありません

勝負ですから、自分が自分を疑っていては相手に勝てないですよね。

自分を信頼するってことがきっと活路を見いだす方法なのでしょう。

もちろん、マウンドにあがるまでの準備段階で、完璧にコンディションを整えた、完璧に相手チームを分析したっていう気持ちも自信に繋がってくるのだと思いますが、いざ勝負になれば相手に向かって行くだけなのだということですね。

以上、田中将大の名言、格言、いい言葉を紹介させていただきました。

皆様のなにかしらの活力になれたなら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする