ダルビッシュ有の名言,発言,いい言葉。

ダルビッシュ有

甲子園のヒーローであり、プロ野球会の大エースであり、今やメジャーリーグでも屈指の大投手であるダルビッシュ有の名言や発言、いい言葉を紹介させていただきます。

土日の休みが消え、夏休みが消え、冬休みが消え、友達が遊んでいる時に練習していた。だからこそ今がある

リトルやシニア、ヤングリーグ、ボーイズリーグなどの少年野球チームに入り野球に取り組んでいた方や、取り組んでいる方は、このダルビッシュ有の発言にものすごく共感できるのではないでしょうか。

土日に集まって練習をする少年野球。学校の友達と遊ぶに行くことはせずに、せっせと練習に励む。時には練習を休んで遊びに行きたい気持ちも芽生えたりするものですが、それでも夢を追いかけてひたすら練習に励む。

高校野球に進んだら、甲子園で優勝するためにという気持ちがより一層強くなりますが、それでも休みなく練習を続けることは精神的にも肉体的にも相当きついものがありますね。

それを乗り越えて今がある。

プロ野球に進んだ方だけではなく、社会に進んだ方は本当にそう思えるのではないでしょうか。

ずっと1人で歩いてきた。誰の手も借りず。大きな壁もたった1人で乗り越えてきた。ずっと1人でやってる時は何とも思わなかったけど、振り返れば孤独だったかな

自分がどうであったかを冷静に見つめ、それをしっかりと発言できるというのがまた魅力的ですね。

色々な選手を見ていて思う事。成功が長く続けられる選手は自分を冷静に客観視でき、かつ足りない部分に最適な努力を見つけ出す。これはスポーツに限った事じゃないんでしょうね

一時的に成功することもすごいことではありますが、それを継続していくためには自身を客観視して、今なにが出来ているのか、なにが出来ていないのかをしっかり判断することが大切ということですね。

これはビジネスにも当てはまりますね。

自身を客観視した結果どうアプローチしていけばいいのかを考えてやっていかないとダメだと教えてくれる発言ですね。

練習は嘘つかないって言葉があるけど、考えてやらないと普通に嘘つくよ

ただ大きな声を出せばいい。ただ走ればいい。ただ素振りをすればいい。それだけだとなんにもならないよってことですかね。

0の練習をいくら積み重ねても0は0のまま。

1でもいいからしっかりとプラスを積み重ねていかないといけないってことですね。

完成されたピッチャーなんていないから誰もがそれを目指す。

完成されたピッチャーって具体的にはどういうものなのでしょうか。

メジャーリーグで活躍してオールスターにも選ばれてって十分に完成されていると素人目には思うのですが、

きっと、ああなりたい、こうなりたいっていう究極の自分の理想があって、それをずっと追いかけ、常に探求心を持って練習をしているってことなのでしょうか。

甘んじず、常に進化を求めている当たりがなおさら魅力的ですね。

僕はスポーツに関しては50%の努力と39%の頭脳と1%の才能が必要だと思っています。残りの10%は「合計で90%にしかならないツイート」を見た皆さんがした事です

考えること、間違いに気づくこと、発信することが大事だということですかね。

上にもあげさせていただいた、考えてやらないと練習を嘘をつくという考えにも繋がってきますね。

以上、ダルビッシュ有の名言,発言,いい言葉を紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする