女性の痛風が増えている。30年間で4倍に増加。

男性だけの病気ではない。女性の痛風患者が増えている!

男性だけの特有な病気と思われがちな痛風が女性の間で増加傾向であるというニュースが入ってきましたの紹介させていただきます。

痛風とは

痛風とは、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患になります。名称の由来は、痛み が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す ことから名付けられたやっかいな病気になります。

吹いた風が当たっただけでも痛むというほどの相当な痛みを来すと言われています。

飲酒に喫煙、仕事上のストレスで発症するケースが多く男性患者の割合が多いことから男性特有の病気であると思われがちですが、

女性も社会に出るようになり、男性と同じように仕事を抱え、男性と同じように飲酒や喫煙などを繰り返すうちに発症している方が年々増えているのだとか。

その数、30年間で4倍!っていうんだから驚きです。

いわゆる、女性のオッサン化に伴ってのことということですね。

プリン体の過度な摂取に注意!

生活スタイルの変化以外にも理由が挙げられており、そのひとつとしてプリン体の摂りすぎに原因があるのだとか。

プリン体はうまみ成分に含まれていて、レバー、内臓、魚卵、干物などに多いのだそうです。

ビールにも多く含まれています。

痛風は女性でもなる病気だということを自覚して、過度な飲酒や焼き鳥などのおつまみの過剰摂取には十分注意が必要だということですね。

以上、痛風は女性でも発症するということを注意喚起として紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク