ウィルス付きの迷惑メールに注意

迷惑メール

スマートフォンや iPhone、従来のガラケーや、ガラホと呼ばれる端末を利用していて、自身のEメールアドレス宛にとんでもない迷惑メールが届いた経験をされたことのある方は非常に多くいらっしゃると思います。今回はその迷惑メールについてお話しさせていただきます。

迷惑メールとは具体的にどのようなメールのことなのかと言いますと、受け取る人の意思に関わらず勝手に送りつけられてくるメールを迷惑メールといいます。それも頻繁にです。毎分毎に届くというケースもあり、一昔前では迷惑メールを受信することでの通信量発生が問題になっていた時期もありました。

今では迷惑メールフィルターと呼ばれるものが存在し、設定によってはすべての迷惑メールを止めることも可能であったりと携帯電話キャリアも対策を講じています。

迷惑メールを送りつけてくる目的

そもそもなぜ迷惑メールを送りつけてくるのかと言いますと、サイトの広告宣伝であったり、アプリのダウンロードを促すものであったり、ウィルスを忍ばせていたり、架空請求などの詐欺を目的としていたりとするわけです。

そして今回皆様にお知らせさせていただたいのかこちらです。

ウィルス付きの迷惑メールに注意

警視庁が現在拡散されている「ウイルス付メール」について注意を喚起しているというニュースが入ってきました。

メールの件名には「請求書」「請求書を添付」などを装う文章があり、本文はウイルスである添付書類(エクセルファイル)を開くように誘導する内容となっているのだとか。

もし見知らぬ方から、もしくは見知らぬ企業から請求書などという件名でメールが来ても添付されたファイルを開くのは待ってください!ウィルス付きの迷惑メールの可能性がございます。

具体例

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、同じく最近確認されたウイルス付メールの具体例を公開しています。

それによると、ランダムな日本人名が書かれた署名付きのメールもあり、添付ファイル名は「請求書(完成届).xls」といったものから、英字のみ・数字のみ・英字&数字のランダムな文字列のものまであるとのことです。

ウィルスに感染すると最悪の場合、スマートフォンや iPhone、ガラケーやガラホといったご自身が利用している端末に登録しているデータがすべて抜き取られてしまうことがあります。

キャッシュカード情報やクレジットカード情報、たまに免許証の写真を画像保存されている方はそうした情報を全て抜き取られてしまう可能性があり、その場合悪用されてしまうので本当に要注意してくださいね。

データを全てクラウド保存されているといった方もアカウント情報を盗まれた本当に大変なことになりますので要注意してください。

以上、迷惑メールについてお話しさせていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする