「iOS 11」では32ビットアプリのサポートが打ち切られる

今秋「iOS 11」がアップル社からリリース予定

「iOS 11」では32ビットアプリのサポートが打ち切られる

というニュースが入ってきましたので紹介させていただきます。

簡単にざっくり言うと「i0S11」にアップデートすると今まで利用ができていたアプリが利用できなくなる可能性があるのだとか。

エラーメッセッジーとしては「このアプリをiOSで 利用するためにはアプリの開発者がアプリをアップデートする必要がある」という旨のメッセージが表示されるのだとか。

といっても突然決まったものではなく前々から告知されているものになります。

Apple社は2014年に、

2015年2月1日以降にApp Storeに登録するアプリの64ビット化を義務付けると告知していますし、

iPhoneのプロセッサであるAシリーズは2013年発売のiPhone 5sの「A7」から64ビット化になっています。

ちなみに、32ビットアプリは、2016年9月7日からApp Storeから削除されているのだそうです。

愛用アプリに32ビットアプリがあるのかを確かめる方法

では実際にご利用されているiPhoneに32ビットアプリがインストールされているのかを確かめる方法をご紹介します。

まずはホーム画面から「設定」のアプリを押します。

続いて「一般」をタップします。

それから「情報」をタップします。 そして「App」という項目をタップします。

そこで表示される「互換性」を見ていただければ確認ができるようになっています。

突然「i OS 11」にアップデートされてから利用が出来ないアプリが出てきたということのないように予防保全としてご紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク