LINEでマイナンバーカードを使い一部の行政手続き可能へ!政府と行政サービス連携。

LINEが政府のオンライン行政サービスと連携

無料通信アプリを展開するLINEが政府のオンライン行政サービスと連携することが日本テレビの取材でわかったというニュースが入ってきました。

LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するというのだとか。

どう連携を取るかというと今のところわかっているところでは、LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスできるようになるのだとか。

いやこれすごすきでしょ!ってのが私個人の勝手な感想ですが、LINEのアプリを立ち上げてLINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込みなのだそうです。

マイナンバーの普及率は1割程度

政府の狙いとしては、マイナンバーカードの普及率が1割程度に留まっている現状を若者の間で広まっているSNS を用いて広げていきたい狙いがあるそうです。

まぁたしかにマイナンバーの存在は知っているけど利用したことのない人はほとんどだと思います。

LINEてあればなにかしらの理由があるのか、またはリテラシーがよっぽど低くない限り世の中の若者達は利用しているんでないかと考えられますね。

せっかくのマイナンバー制度ですから、これを機会に世の中にどんどん利用が広まっていって、今まで以上に便利な社会になることを期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク