うつ病に関与しているタンパク質が特定された!予防や治療法の開発に期待。

うつ病に関与しているタンパク質が「HSP 105」であると特定された。

岡山理科大理学部の橋川直也講師(分子生物学)、橋川成美准教授(薬理学)らのグループは、うつ病に特殊なタンパク質「HSP105」が関与していることをマウスを使った実験で明らかにした。というニュースが入ってきました。

なんと!既存の胃薬を投与すると症状が抑えられることも分かったそうで、

新たなうつ病の予防や治療法の開発につながる成果と期待されているのだとか。

うつ病に悩まされ、仕事や学業や家庭などを全うできずにいる方にとってすごく大きな朗報になりますね。

「HSP」とは?

HSPとはHeat Shock Protein(ヒートショックタンパク質)の略称になります。

細胞が熱等のストレス条件下にさらされた際に発現が上昇して細胞を保護するタンパク質の一群になります。

さらっというと、ストレスから身を守ってくれるものですね。

うつ状態のマウスを調べてみると、このHSPの105というタイプが脳内の一部で減少していたのだとか。

そこで、HSPを増やす医薬を投入すると、うつ状態の特徴である攻撃的なマウスからの行動力の低下を抑えられたのだとか。

つまり、苦手な人間がいて、なにも行動を起こす気力が湧いてこない症状を抑えられたということですね。

実用化へのハードルは高くない?!

もし、このHSP105を増やすのが既存の薬でOK であれば、新薬を開発することに比べるととってもハードルが低いですね。

「類似薬に同様の効果があるかや、どのような原因によるストレスに対して有効かなど、検討を重ねたい」

と、岡山理科大理学部の橋川直也講師は話しているそうです。

ほんとにこの研究結果はうつ病に悩まされている方にとって大きな光であると感じますので、これからの研究結果に期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする