ウィンストン・チャーチルの名言!原文、英文付き。

ウィンストン・チャーチル

今回は、英国が生み出したもっとも偉大な政治家「ウィンストン・チャーチル」の名言、格言を紹介させていたたきます。

ウィンストン・チャーチルとは、イギリスの政治家であり、ノーベル文学賞をも受賞した偉大な世界屈指のリーダーです。

1939年、第二次大戦の開戦時に海軍大臣となりそして翌年には首相に就任しました。

「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ」という信念のもとに批判を浴びても戦い続けたそのリーダーシップや、説得力のある演説、力強く発する言葉には現代を生きている私達をも鼓舞してくれるエネルギーに満ち溢れています。

「世界のCEOが選んだ尊敬するリーダー」ランキングで第1位に輝いたほどウィンストン・チャーチルに影響を受けている成功者は多いのです。

ウィンストン・チャーチルの名言

それでは、ウィンストン・チャーチルの名言をあげさせていただきませ。

原文、英文付きです!どうぞ!

行動する事は少しも恐れはしない。恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ

(I never worry about action, but only inaction)

築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る

(To build may have to be the slow and laborious task of years. To destroy can be the thoughtless act of a single day)

統計とは、街灯の柱と酒を飲むようなもの。照明というより、支え棒としてのほうが活用されている

(Statistics are like a drunk with a lamppost: used more for support than illumination)

嘘が世界を半周したころ、真実はまだズボンを履こうとしている

(A lie gets halfway around the world before the truth has a chance to get its pants on)

私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである

(My most brilliant achievement was my ability to be able to persuade my wife to marry me)

資本主義の欠点は、幸運を不平等に分配してしまうことだ。社会主義の長所は、不幸を平等に分配することだ。

(The inherent vice of capitalism is the unequal sharing of blessings. The inherent virtue of socialism is the equal sharing of miseries)

決して屈するな。決して、決して、決して!

(Never, never, never, never give up)

成功とは、失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である

(Success is the ability to go from failure to failure without losing your enthusiasm)

正直であることは立派なこと。しかし正しくあることも大事だ

(It is a fine thing to be honest, but it is also very important to be right)

以上、ウィンストン・チャーチルの名言を紹介させていたたきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする