カラオケ投稿動画 初の公開禁止を命じる判決

カラオケ投稿動画 公開禁止と判決

自分がカラオケで歌う様子を動画投稿サイト「Youtube」で公開した東京都内の男性(45)に対し、東京地裁が、カラオケ機器メーカーの著作隣接権を侵害するとして公開禁止を命じる判決を言い渡していたことが分かったというニュースが入ってきました。

いわゆる「歌ってみた」っていうあれですね。

男性は昨年9月頃、都内のカラオケ店で人気女性グループの曲を歌った姿を自らスマホで撮影。約2分間の動画にし、「Youtube」に投稿して公開していたのだとか。

この判決の投稿者だけではなく、カラオケをしている姿を投稿している人は数多く見受けられます。

スマートフォンやIPHONE の普及で撮影も投稿も容易にできますからね。

著作隣接権とは?

これを機会にカラオケ動画を投稿している人は、カラオケ投稿のなにがダメなのかを学ぶ必要があると思います。

なにも学ばす今のままでは先の人の二の舞になってしまいますからね。

ということで、カラオケ機器メーカーの著作隣接権を侵害するとして公開禁止ということなのですが、この著作隣接権とはどのようなものなのか調べてみました。

著作隣接権
著作物の創作者ではないが、著作物の伝達に重要な役割を果たしている実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者に認められた権利

なのだのとか。

ちなみにこの権利の保護期間は、実演が行われ日、音源が発表になった日、放送が行われた日から50年とのことです。

これを当てはめて考えると現在投稿されているカラオケ動画は、ほぼほぼアウトになりますね。

削除要請が来たら素直に従おう

歌っている姿を絶対に投稿するなというわけではないので、モラルを保って投稿していけば今のところ問題はなさそうです。

然しながら、削除要請が来たものを無視していれば裁判になりうるものであり完全に著作隣接権を侵害していることは明白なため、削除要請が来たら素直に従いましょうね。

それでは、カラオケ動画を投稿されている皆様に参考になればと思い、初めてカラオケ投稿動画の公開禁止という判決がでたというニュースを紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク