スマホ、IPhoneで速度制限、速度規制が必要な理由について

通信速度制限/通信速度規制について

スマホやIPHONE を利用している方にとって、速度制限、または速度規制と言われる通信速度が通信事業者によって制限されてしまう規制で頭を悩ませている方、頭を悩ませていた方は多いと思います。

少し前までのことで言いますと、通信を7GB利用すると、次月を迎えるまでずっと速度が遅いままでインターネットをまともに利用が出来なくて不便を感じられていた方は多くいらっしゃるかと思います。

今でこそ20GBや30GB のブランが登場し、通信速度制限、通信速度規制の問題は多少は解決されたかと思いますが、WIFI 環境のないユーザーにとっては大きな問題であったと見受けられます。

そもそもなぜそのような制限、規制があるのか、必要なのかが疑問に思いましたので、その理由について調べたことを周知させていただきます。

通信速度制限/通信速度規制が必要な理由

au ,docomo,softbankの三大キャリアや世界中の通信事業者が取り入れているものにはなりますが、なぜこのような制限、規制が必要なのでしょうか。

各キャリアのホームページを見ていきますと、ネットワークの混雑を避けるためとしか記載がないように見受けられます。

そもそもなぜ7GBを利用すると制限なのか。なぜ7GBなのか。ここに照準を当てて探ってみると通信事業者が抱えている問題が見えてきました。

7GBの数字の根拠

7GB で制限の7 GBという数字の根拠は、利用しているユーザーの内、95%は7GB以上の通信量を使わないからなのだとか。

つまりどういうこと?と言いますと、7GBを利用するヘビーユーザーによって、その他95%のユーザーの通信環境を圧迫されている状況であるのだとか。

たった5 %のヘビーユーザーのために通信環境を良くするために莫大な金額を投資して電波の基地局を新設したり、基地局の強化を行うというのは合理的でなく、そのためにプラン料金の値上げもできないために、ヘビーユーザーには通信速度制限、通信速度規制を設けているのだとか。

そういう理由であれば制限がかかったとしても致し方ないと思えてきますが、実際に制限がかかったユーザーにとっては納得はできるけど解消してよと思ってしまうのは至極当然なことですよね。

そこで、20GB,30 GBの通信プランが誕生したのだと勝手に解釈しております。

次世代ネットワークに期待

はっきり言って、ガラケー時代にしっかりとした通信環境の整備もままならないままパケットし放題という低価格なサービスが広まったことが尾を引いているような気がします。

そのような低価格な料金プランを打ち出してユーザーの間に広まったために基地局の新設、強化をする十分な資金が用意できないのではと勝手に思っています。

そこで次世代ネットワークに期待です。

5Gって呼ばれる通信網ですね。

高速度且つ、大容量なネットワーク環境を通信事業者に期待しています。

通信問題だけではなく、もっともっとこれからの社会に期待していますのでぜひ期待に答えて欲しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする