「水五訓」黒田官兵衛の名言。格言。

水五訓

豊臣秀吉の参謀、黒田官兵衛(黒田如水)が伝えた「水五訓」あるいは「水五則」という水の循環に人生を例えた教えを紹介させていただきます。

一.自ら活動して他を動かしむるは水なり
二.常に己の進路を求めて止まざるは水なり
三.障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり
四.自ら潔うして他の汚れを洗い清濁併せ容るるは水なり
五.洋々として大洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり
雪と変じ霰(あられ)と化し凝(ぎょう)しては玲瓏(れいろう)
たる鏡となりたえるも其(その)性を失はざるは水なり

この「水五訓」の各文の水を人に変えて読んでみると、まさに人とはこう在るべきだというのは説いていますね。

それでは「水五訓」を現代風に勝手な解釈で説明させていただきます。

一.口だけでは人はついてこない。自ら率先し働きその背中で人を引っ張ろう。

二.自分がなにがしたいのかを追い求め道を切り開いていこう。例え失敗しても動きが止まらない水のように果敢にチャレンジしていう。

三.何事もあきらめてはいけない。塞き止められた水が激しさを増し流れていくように、失敗を糧にし、努力を続けることで何倍ものエネルギーになるのだから頑張っていこう。

四.誰かをの失敗を期待するのではなく、ライバルと切磋琢磨していこう。扱い辛い人間を蹴落とすのではなく、全てを飲み込み大きな流れに変える水のように、相手を生かす術をみつけ、自身の力に変える器量、手腕を持とう。

五.いろんな状況、いろんな環境に合わせて柔軟に対応していかないといけない。しかし、自分という本質は変わらないのだから、自分がなにをしたいのかを明確に保ち、芯をぶらさす生きていこう。


以上、黒田官兵衛(黒田如水)の「水五訓」「水五則」の紹介と、勝手な解釈をさせていただきました。

現代社会に生きる我々にも当てはまる熱い格言、名言だとも思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする