子育て四訓「乳児はしっかり肌を離すな」子育ての格言。

子育て四訓

一、乳児はしっかり肌を離すな
一、幼児は肌を離せ手を離すな
一、少年は手を離せ目を離すな
一、青年は目を離せ心を離すな

この「子育て四訓」は、山口県下のとある教育者が長年の教育経験を踏まえてまとめた格言になります。

それぞれの言葉を簡単にではございますが説明させていただきたいと思います。

一、乳児はしっかり肌を離すな

ずっとお腹の中で守られてきた赤ちゃんですが、出産を迎えて、初めて外の世界に飛び出します。

今まで知らなかった外の世界で大変不安になります。
そんな赤ちゃんの心を落ち着かせるために、しっかりと肌と肌を触れ合わせて、大丈夫だよと教えてあげることが大切です。

赤ちゃんが、大切にされている。守られている、可愛がられていると無意識のうちに感じることで、愛情や信頼、情緒的安定、他人を思いやる心などの人間形成の基盤が築かれます。

一、幼児は肌を離せ手を離すな

幼児は乳離れを迎えねばなりませんが、一気に離すのではなく、常に親がそばにいることで、「心配しなくても良いよ」という安心感を与えることが大切です。

幼児期は自立に目覚める時期になります。

今まではすべて親に守られていたけれど、社会に向かって一歩ずつ自ら踏み出していきます。

どんなことがあったって親は子の味方。

親子の絆を大切にし、温かい家庭をつくり、その延長として健全な社会を形成していきましょう。

一、少年は手を離せ目を離すな

少年期は、自らのコミュニティのなかで社会性が育つ時期です。

この時期はしっかり手を離して、活動範囲を広げてあげましょう。
ただし、いろんな危険があるので、目を離してはいけません。

反抗期もこの時期で親としては苦労が絶えませんが、それも成長の過程であると認めてあげましょう。

親や友人への荒ぶれは、「自分をわかってほしい」「もっと大切にされたい」等のメッセージだったりしますので、子供としっかり向きあい理解してあげましょう。

一、青年は目を離せ心を離すな

青年期は、完全に自立をしていかねばなりません。

自分の道を見つけ歩んでいく時期です。

手も離し目も離すのですが、気持ちの上では、心を離してはいけません。
子育ての最終的な責任は親にあるという基本を忘れてはいけません。

以上、子育て四訓になります。

子育て四訓を紹介させていただきましたが、これが子育ての全てではありませんし、正しいかどうかもその子が大きくなった結果を見ないとわからないと思いますが、子育ての参考にしていただければと思い紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする