カードローン融資の自主規制を強化。みずほ銀行は収入の3分の1に。

カードローンの過剰な融資問題

銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」。

その「カードローン」の過剰な融資が相次いでいる問題で、3メガバンクが融資にかかわる自主規制を強化していることがわかったというニュースが入ってきましたのでご紹介させていただきます。

みずほ銀行「2分の1」から「3分の1」

みずほ銀行はカードローンによる融資額の上限について利用者の年収の「2分の1」から「3分の1」に改めたとのことです。

三菱東京UFJ銀行は融資額の上限引き下げを検討。

三井住友銀行は融資の審査を厳しくするとのこと。

「総量規制」は銀行は対象外

消費者金融などの貸金業者に対しては、改正貸金業法で借り手の年収の3分の1を超えて貸し出すことを原則禁止する「総量規制」が適用されているますが銀行は対象外なのだとか。

銀行に「総量規制」が適用になると住宅ローン等に影響がありますからね。

コンビニのATM で引き出すことができる手軽さで、消費者は借金という意識が薄ぎ、口座から残高を引き出している感覚になってしまうのだとか。

気づけば巨額の借金を抱えているなんてことも。

こうした問題を受け自主規制の流れになっていくわけですね。

ご利用は計画的にということ。

その引き出しているお金は借金であることをしっかりと自覚して利用していただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク