坂口杏里。逮捕のニュース。幸せになるには結局なにが必要なのか。

坂口杏里。恐喝未遂で逮捕

セクシー女優の坂口杏里が逮捕されたというニュースが飛び込んできました。

友人のホストの男性から、現金3万円を脅し取ろうとした疑いで、警視庁に逮捕されたということなのですが、借金返済のためにセクシー女優に転身し、売り上げもNO .1ぐらいあったのにも関わらず、たった3万円のことで逮捕だなんてどうかしてるぜ!なんて日だ!って感じですね。

警視庁によると、坂口杏里は、これまでに何度か男性から金を借りていて、「今回は3万円を借りたい」などと要求、断られると「ホテルにいた写真をばらまく」と、男性を脅したということです。

恐喝未遂ってことでの逮捕になるわけですが、母親のビックネーム、ホスト通いからの借金苦など、結局のところ幸せってなんなのかってことを考えてみたいニュースになりますね。

幸せはお金なのか?

さて、幸せとはお金が有る、無しっていう話しなのでしょうか。

自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない。

と、アケメネス朝ペルシャの王のサイラスという人物が語っています。

アケメネス朝とは紀元前550年から 紀元前330年古代オリエントに存在した王朝になります。

そんなに古くからこの格言、名言があるわけですから、幸せということはどのようなことなのか深く考えていきたいと個人的には思いますね。

世の中の人は誰でも幸せになりたいと思っている。それを手に入れる方法が一つある。それは自分の気持ちの持ち方を変えることだ。

この言葉はアメリカの思想家、デールカーネギーの言葉になります。

誰しもが幸せになりたいと思っているものです。

それを手に入れる方法はお金を持っているとか、持っていないとかではなく、自分の心持ちであるということを教えてくれています。

自分の心が何によって満たされるのかは各々によって違ってくるかとは思うのですが、

まずは自分が幸せであることを認識することから始めてみることが大切ですね。

坂口杏里の逮捕のニュースを受け、幸せとはなんなのかを考えてみたい今日この頃でございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする