斎藤佑樹の名言。「いつか27奪三振完全試合を達成して、斎藤の名を世界に轟かせたい」

斎藤佑樹の名言

甲子園の英雄。斎藤佑樹の名言を紹介させていただきます。

最近はなかなか結果が出ずに燻っているようでございますが、甲子園優勝投手というのはやはり格別な思いがありますし、ぜひあの頃の輝きを取り戻していただきたいと思い、応援の意味で斎藤佑樹の発言、名言を紹介させていただきたいと思います。

「いつか27奪三振完全試合を達成して、斎藤の名を世界に轟かせたい」

凄く強気で前向きな発言です。

27奪三振といはいかなくとも、甲子園の輝きをぜひ取り戻していただき、我々を熱くさせていただきたいものです。

世界といかなくとも、綺麗な一花をさせていただき、あの頃のように日本中を明るくさせてほしいと思っています。

「何か持ってると言われ続けてきましたが、何を持っているのか確信しました。それは仲間です」

2010年早稲田大学の優勝祝賀会での発言になります。

100点満点のスピーチですね。

いい仲間がいてこその自分ってことですね。

「今は持ってるではなくて、背負ってます」

2012年3月30 日。2012年シーズンの開幕投手を任された斎藤佑樹が見事なピッチングで勝利投手になり、その試合のヒーローインタビューで発言した名言になります。

日本ハムファイターズを、いや日本プロ野球を背負って投げる斎藤佑樹の姿をぜひ期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク