画面破損でデータが取り出せないときはUSBホスト機能でマウスを繋いでみよう。Androidスマホ!

USBホスト機能とは?

USBホスト機能を機能をご存じでしょうか。

USB OTG(USB On the Go)とも呼ばれる機能なのですが、これを使って画面の反応がしなくなったスマホのデータを取り出せるかもしれないので、紹介させていただきます。

USBホスト機能とは、パソコンやスマホやタブレットが親(ホスト)になって、

マウスやプリンタ(デバイス)を操作することができる機能のことです。

簡単に言うと、パソコンにマウスを繋いで、パソコンからマウスに電力を供給してマウスに信号を送り、マウスでパソコンで操る。この機能のことを言います。

そんなの当たり前だと思う方はたくさんいらっしゃると思いますが、USBホスト機能という名前を知らない方は多いのではないでしょうか。

AndroidスマホにもUSBホスト機能はついている。

実はAndroidのスマートフォンにもUSBホスト機能がついてます。

全ての機種についているわけではないですが、Android3.1以降でサポートされている機能になり、主要なメーカーの機種にはほとんどと言っていいほど備わっている機能になります。

Android端末はパソコンとはUSBを差す穴の形が違い、microUSBという小さめの端子を差すようになっています。

そのため、変換用のアダプタも必要になってきますが、電化製品を扱うお店に行って聞けばすぐ見つかると思います。

画面の反応がしなくなっても、データの取り出しやゲームの引き継ぎができる?!

画面が反応がしなくなったスマホや、タブレットにマウスを繋いで、マウスで操作をすれば諦めていたデータの取り出しや、ゲームの引き継ぎなどもできるようになる可能性があります。

タップしても反応しない。画面が割れて画面は見えているけど押せない。

そんな時はUSBホスト機能を活用してマウスを繋いでみましょう。

最近のスマホでは、パソコンとスマホを繋いでデータのやり取りをするのにも、スマホ側で少し操作が必要だったりするので、そんな状況で画面が反応しなくて困っていたという方は是非お試しください。

また、スマホからSDカードにデータを移行するのにも操作が必要なので、マウスを繋いで動かせるようになれば問題は解決ですね。

そして、ゲームのデータを引き継ぎしたいけど引き継ぐための操作をなにもしていなかったという方も、これで操作ができるようになればデータの引き継ぎも出来ちゃいますね。

ケータイやスマホやIPhoneは生活に欠かせないものになってきましたが、私はそれらの機能をまだまだ使いこなせないでいます。

今回ご紹介させていただいUSBホスト機能は、画面破損、画面不具合でほんとに悩んでいる方に知ってもらいたい機能になります。

皆様のお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする