沢村栄治 伝説の豪腕が残した名言

沢村栄治

伝説の豪腕、沢村栄治を紹介します。

沢村栄治(1917年2月1日 -1944年12月2日)

京都商業学校の投手として1933年春、1934年春の夏の高校野球全国大会に出場。

1試合23奪三振を記録するなどの大活躍を見せ注目を浴びました。

そして、1934年の高校野球全国大会の後に高校を中退し、

読売新聞社主催の日米野球の全日本チームに参戦することになりました。

そこで、メジャーリーグ選抜チームを8回5安打1失点に抑える好投をし、メジャーリーグからも注目を浴びます。

当事はプロ野球という存在はなかったのですが、この年の暮れにこの全日本チームを基礎としたブロ野球チームが誕生します。

その名も「大日本東京野球倶楽部」

現在の読売ジャイアンツになります。

沢村栄治は高校を中退し、この大日本東京野球倶楽部に参加します。

アメリカ遠征を経て、1936年に日本でプロ野球リーグが始まりました。

沢村栄治はなんとこの年の秋に日本初のノーヒットノーランを達成しました。

その後も素晴らしい成績を残し、

黎明期の巨人はもちろん、日本プロ野球界を代表する投手として名を馳せました。

しかし、当事の日本は戦時中で徴兵は免れず1938年から1940年まで軍隊生活を強いられます。

手榴弾を数多く投げさせられたことにより右肩を痛め、さらに戦闘により左手を銃で撃ち抜かれてしまいました。

その影響により、プロ野球に復帰しても代名詞の快速球を投げることが出来なくなりました。

そのためサイドスローに転身しましたが、抜群の制球力を武器にノーヒットノーランを再度達成するなどの活躍を見せました。

その後また軍隊に戻り、1942年まで野球に関わることが出来ず、サイドスローでの投球も出来なくなるほど軍隊生活で身体を痛めてしまいました。

1943年にプロ野球に戻り、アンダースローでの投球を試みますが、活躍を見せることが出来ませんでした。

1944年のシーズンが始まる前に解雇を通告され現役を引退します。

そして再度の軍隊生活で、27歳という若さこの世を去りました。

生きて帰れたらいい父親になると語っていたというエピソードがあり、とても残念で仕方がありません。

プロ野球通算成績は63勝22敗、防御率1.74。

巨人は沢村栄治の功績と栄誉を称え沢村栄治が背負っていた背番号14をプロ野球初の永久欠番にすることを決め、

さらに沢村賞こと「沢村栄治賞」も設立されました。

現在もその豪腕ぶりは多くの方に語られ、現在の若者をも魅了しています。

沢村栄治の名言、格言

わしは、まっつぐが好きや。

よく奥さんにこう語っていたとのエピソードがあるそうです。真っ直ぐが好きだと。

沢村栄治のストレートは160km以上出ていたのではないかという検証結果もあり、生きかた含め、ほんとに素晴らしい人物だなと思います。

どんな球でも一投、これすべて創造だと思います。この球は自分にとってはじめて投げる球だと思うと、なんともいえぬ感動が胸にこみ上げ投球に熱がはいりました。

野球に対する熱い思いが伝わってきますね。野球をすることがほんとに好きだったのでしょうね。戦時中で仕方ないのでしょうが野球を取り上げないでほしかったです。

芝生の上に立って白いボールを握ったときのうれしさは、死線を乗り越えてきた者だけにしか味わえない。

野球が出来る喜びや、普通に生活を送れる喜びを、今の我々はしっかりと感じて大切にしていかないといけませんね。

人に負けるな。どんな仕事をしても勝て。しかし、堂々とだ。苦しい、そして誰にも言えない事はこの俺に言ってくれ。

堂々と勝て!人生訓や座右の銘にしたい言葉です。

以上、沢村栄治について紹介させていただきました。

戦時中で仕方ないのでしょうが、

夢を奪われてしまい、だからこそ夢の大切さに気づき、喜びを感じ、現代を生きる我々にものすごく深く考えさせられる言葉を残してくれています。

時にはこうした偉人たちの言葉を吟味しこれからの生活に役立てて行きたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク