甲本ヒロトの名言 夢の見方について

甲本ヒロトが語る夢の見方

THE BLUE HEARTSTHE HIGH-LOWSを経て、現在はザ・クロマニヨンズで活躍されている甲本ヒロトの夢の見方についての発言が名言すぎて、ほんとに頑張ろうって思える言葉なので紹介させていただきます。

結局ね、夢はみんな持ってると思うんですよ。だけど、その夢の見方としてね、ただボーっとそれこそテレビで見てるだけで『あぁ、こんな事いいなぁ』みたいな見方と、それから実際にやってみようとして夢の実現に一歩近づくために何か行動を起こす、例えばマッチを一回擦るだけでもいいんですよね。何かをやろう!ってする瞬間があるじゃないですか、やり始める、それだと思うんですよ、その線を越えるっていうのは。

ああしたいとか、ここしたいとこ、そんなことは誰だって思っているもので、それをただ思うってことじゃだめ。ぼぉーっと眺めているだけじゃだめ。ほんとにしたいことがあるなら、まずはなんでもいいからやってみようよってことですね。

お父さん、ボクを止められるんか。音楽しかやりたいことがないんじゃ。お父さんには、ボクの音楽を反対するだけの材料があるんか!

もし、自分の夢に対して反対されているら、この甲本ヒロトの言葉をテンプレートにして、熱くぶちかましましょう!

他にも真島昌利と共に数々の名言を残していますので、近いうちにまた紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク