アインシュタインの名言。格言。常識とは?

アインシュタインの名言、格言、いい言葉

アルベルト・アインシュタインの名言、格言、いい言葉を紹介します。

まず、アインシュタインとはドイツ生まれの理論物理学者です。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、世界的に知られていますね。

それではアインシュタインの名言を紹介します。

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

原文は「Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen」になります。

常識とは偏見のコレクション。なんとなくですがわかる気がします。

兵役を指名された人の2%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。なぜなら、どの国もその2%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです。

平和を望むなら皆で兵役を拒否しよう!ってことですね。

愚者と天才の違いといえば、天才には限度があるということだ。

よく、馬鹿と天才は紙一重なんて言いますが、たしかに成功と認められている人には限度がありますね。越えてはいけない一線をわきまえているからこそ世間にも認められるのでしょう。

大切なのは、自問自答し続けることである。

天才って呼ばれる人は共通してこのような言葉を残していますね。

やり続けること、怠らないこと、求め続けることが本当に大切ということですね。

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

噛み砕いて説明できなければ、そのことについて理解していないのと同じってことですね。

最近よく家電製品とかスマホ等のことで説明を受けても、難しい横文字だらけでわからないってことがあります。

ほんとに自身で理解しているのならもっとわかりやすい言葉で伝えてほしいです。

誰にでもわかる言葉で説明が出来るようになるまで学ぶ必要があるってことですね。

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。

はい!走り続けていきましょう!

人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない。

恋は科学では証明できないってことでいいでしょうか。

それとも、恋に落ちることに説明はいらないってことでしょうか。

おしゃれで、考えさせられる言葉ですね。

可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。

相対性ってなに?って思ってる方、もう一度読み返してください。

相対性とは、可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思えるし、熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いと思うってことですよ!

以上、アインシュタインの名言、格言、いい言葉を紹介させていただきました。

常識とは偏見のコレクション。物事には二面性がありますから、いろんなものの見方をして考えいこうと思いました。

なにかしら皆様の活力になる要因があれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする