マラソンの起源。世界記録は?サブテン、サブスリーとは?

フルマラソンの起源や世界記録が気になったので調べてみました。

フルマラソンとは42.195kmの距離を走って順位を競う陸上競技のことです。

マラソンの起源

マラソンの起源は実は紀元前までさかのぼります。

紀元前450年頃に起きた、ギリシャ軍とペルシャ軍の争い「マラトンの戦い」が起源だと言われています。

ペルシャ軍がギリシャを侵略するために「マラトン」まで侵攻します。この「マラトン」は現在のアテネの位置です。

マラトンでギリシャ軍が迎え撃ち、ギリシャ軍が勝利します。

この勝利を報告すべく1人の兵士が「アテネイ」という場所まで走っていきます。

そして「アテネイ」で「我勝てり」と勝利を伝えた後、その兵士は力尽き息絶えました。

マラトンからアテネイまで兵士が走った距離はおよそ40km。

この出来事事が「マラソン」の起源だと言われています。

マラソンの世界記録

男子 2時間02分57秒 デニス・キプルト・キメット(ケニア)
女子 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ(イギリス)

マラソンの世界記録は、男子2時間2分57秒、女子2時間15分25秒になります。

サブテン

サブテンとは、2時間10分を以内でゴールすることを言います。

サブスリー

サブスリーとは、3時間以内にゴールすることを言います。


マラソンは今や老若男女に人気の競技ですね。東京マラソンも賑わってますし、ところで世界記録は?って思ったので調べてみました。これからも気になったことを記載していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする