根拠なく水素水を誇大広告。三社を処分。水素とは?

水素水を誇大広告

水素を溶かしたとする「水素水」や「水素サプリ」について、合理的な裏付けがないのに「水素のパワーでダイエット」などと宣伝していたのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は3日、通信販売会社「マハロ」(東京都)「メロディアンハーモニーファイン」(大阪府)「千代田薬品工業」(東京都)の3社に対し、再発防止策などを求める措置命令を出したというニュースが入ってきました。

同庁によると、3社は、水素が入っているとする飲料水「ビガーブライトEX」「水素たっぷりのおいしい水」やサプリ「ナチュラ水素」について、「燃焼ダイエット」「炎症を抑える効果で肩こりが軽減」などとする広告をホームページに載せていたんだとか。

そのため同庁が、科学的な裏付けはあるのかということで資料の提出を3社に求めたのですが、効果を裏付けするのに十分なものはなかったとのことです。

この水素水については、昨年の12月に国民生活センターが、禁じられた健康効果をうたう表示や広告が目立つうえ、水素自体が検出されなかった商品もあったとして、注意を呼びかけているんだとか。

水素水とは?

普通の水道水やミネラルウォーターにも水分は含まれていますが、それよりも多く水素を含んでいる水のことです。

人気の理由

水素水がなぜ人気があるかというと、体内の活性酸素を素早く除去してくれると言われているからです。

活性酸素とは、体内に取り込んだ酸素を分解する際に発生させてしまうものになり、この活性酸素は様々な病気や老化、疾患の原因になっているらしいです。

水素はこの活性酸素を除去する最も強力な物質と言われていて、そのため水素がたくさん入った水素水を飲めば活性酸素をやっつけられると考えられているので、水素水は大変人気なのだとか。

水素水ってほんとに効果あるのかなぁって懸念されている方は多くいらっしゃると思いますし、私もほんとに効果あるの?って思ってたので、

今回みたいな効果の裏付けなく宣伝されてしまっては、水素水は悪くないのに水素水から離れていってしまいますね。

以前、特保の記事を書いたのですが、そのときも効果の裏付け不十分な感じでしたし、しっかりとしてほしいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク