チャールズ・チャップリンの名言

今回は世界の喜劇王「チャールズ・チャップリン」の名言や名スピーチを紹介させていただきます。

チャールズ・チャップリンとは?

まずはチャールズ・チャップリンについて簡単にご紹介させていただきます。

チャールズ・チャップリン(1889年4月16日 – 1977年12月25日)

出身地はイギリスになります。

職業は映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家。

映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名を持っています。

バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれています。

日本でもチャップリンは人気があり、大正時代から「変凹君」「アルコール先生」という愛称で親しまれました。

純粋に笑いのみを追求する他のコメディアンとは一線を画す存在と言われ、チャップリンの作品はユーモアの陰に鋭い社会諷刺、下町に生きる庶民の哀愁や怒り、そして涙までも描かれています。

チャップリンの名言

それでばチャップリンの名言をいくつ紹介させていただきます。

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。

1日1日を思い返していくと、辛かったことや悲しかったことというのが強く思い返されますが、その辛さを乗り越えて幸せがあるし、悲しいって思っていたことも、今思い返せしてみれば笑えるような面白さがあるということですかね。非常によくわかる言葉ですね。

無駄な一日。それは笑いのない日である。

一生懸命生きれば笑いがあるはずということでしょうか。

私の苦痛が、誰かが笑うきっかけになるかもしれない。しかし、私の笑いが、誰かの苦痛のきっかけになることだけは絶対にあってはならない。

これはハッとさせれる言葉ですね。

チャップリンの真意はわかりませんが、自分が傷ついて誰かが笑ってくれるならいいでが、自分が誰かを傷つけて笑いを起こすことはしてはいけないということですかね。

私は雨の中を歩くのが好きなんだ。そうすれば、誰にも泣いているところを見られなくて済む。

なんかおしゃれに聞こえますが、もの悲しさがありますね。

こういうことも言えるチャップリンっとかっこいいですね。

必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。

もう1回読み返してみましょう。

ほんとにその通りだなと、この世界は愛が全てだと思います。

私たちは皆、互いに助け合いたいと思っている。人間とはそういうものだ。相手の不幸ではなく、お互いの幸福によって生きたいのだ。

そりゃそうだ。不幸なんて望んでいない。みんな幸福で過ごしたいと思っていますね。

行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。

想像することは簡単にできますが、なかなか行動に移すことは難しいものです。

想像するだけでは意味がないということは誰しもが感じていると思いますが、あらためてそれじゃだめだよと教えてくれているような気がします。

人間というのは、段々年をとると、停泊地が欲しくなるものである。それは長い間に良く知り合った人であり、一番楽しい人である。

これは最近私も感じていた思いになります。やっぱりみんなそう思うのでしょうか。

以上、チャップリンの名言を紹介させていただきました。

こうした名言は心を動かしてくれて、ものごとについてよく考えるきっかけをあたえてくれるのでいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする