ジェームズ・ディーン 生涯 魅力 名言

ジェームス・ディーンについて

今回は、アメリカの伝説の俳優、ジェームス・ディーン(James Dean/Jimmy Dean)についてお話させていただきます。

本名はジェームズ・バイロン・ディーン(James Byron Dean)

1931年2月8日にインディアナ州マリオンで生まれ、1955年9月30日に交通事故で24歳という若さでこの世を去りました。

代表作

・エデンの東(1955年)

・理由なき反抗(1955年)

・ジャイアンツ(1956年)

生涯

ロサンゼルスの退役軍人病院に歯科技工士として勤める父ウィントン・ディーンと、母ミルドレッド・ウィルソンのもとに、生まれました。

ジェームス・ディーンが9歳の時に母親が亡くなり、それからは父親の姉夫婦に預けられて育ちます。

高校生の時に、演劇に興味を持ち始め、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の演劇科で演技を学びます。

それから、コマーシャルや舞台などに出演するようになったのですが、

もっと高いレベル、キャリアを熱望し、ニューヨークに進出します。

ニューヨークで演技を学んだり、アピールをした結果、テレビ番組にいつか出演できるようになりました。

その時に出演したテレビ番組は「Kraft Television Theater」 「Danger」や「General Electric Theater」になります。

そして、次第にハリウッドで映画スターになることがディーンの夢になり、追い求めていくようになります。

そして、ハリウッドへ行き、最初はほんのちょっとの端約をこなしていくのですが、

1955年公開の映画「エデンの東」の主役に抜擢されます。

この時に演じたキャル・トラスク役で評価を挙げ世間に認められます。

続いて「理由なき反抗」で主役、「ジャイアンツ」で準主役を演じました。

この「ジャイアンツ」の収録終了の1週間後に、カーレースに出場するために、愛車のシルバーのポルシェ・550/1500RSでカリフォルニア州の州道を走行中、横からはみ出してきた学生が運転する車と衝突し、この世を去りました。

事故現場にはモニュメントが建てられ、そこには「JAMES DEAN 1931Feb8 – 1955Sep30pm5:59 ∞」の字が刻まれています。

また、「理由なき反抗」と「ジャイアンツ」でノミネートされました。

ノミネートされたのは死後であり、死後に2度ノミネートされたのは、ジェームス・ディーンだけの記録になります。

遺体は故郷のフェアマウントにある公園墓地に埋葬されており、今も献花が絶えません。

その墓石は、献花に来るファンのキスマークでうっすらピンク色になっています。

ジェームス・ディーンの魅力

ジェームス・ディーンのどこに魅力を感じるのかは、もちろん人それぞれだと思いますが、

心のずっとずっと奥の方に潜めていて、それが滲めでている悲哀感であったり、

物憂げな独特の上目遣いや、センチメンタルに背中を丸めて歩く姿、いつも漂わせている孤独感に私は魅力を感じます。

ジェームス・ディーンのように赤いブルゾンとジーンズを履いて、かっこをつけていた若者は数知れずですね。

ジェームス・ディーンの名言

当サイトは名言や格言を紹介していますので、ここまで紹介させていただきましたジェームス・ディーンの名言についてもいくつか紹介させていただきます。

今回は原文(英語)も記載させていただきます。

永遠の命があるつもりで夢を抱き、

今日限りの命と思いながら生きろ
Dream as if you’ll live forever.
Live as if you’ll die today

満足感は、結果にではなく、過程にこそある

The gratification comes in the doing, not in the results

思うがままに生き、後悔なく死に、亡骸は美しいままに

Live fast, die young, leave a good looking corpse

いい役者になるのは簡単じゃない。一人前の男になるのはもっと難しい。終わりが来る前に僕はその両方でありたい

Being a good actor isn’t easy.

Being a man is even harder.

I want to be both before I’m done

以上、ジェームス・ディーンについて紹介させていただきました。

個人的にとても憧れて、とても好きな人物なので皆様にも紹介させていただきたく記載させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク