織田信長 名言 格言 いい言葉

皆様は戦国武将と言えばどんな人物が思い浮かびますか?

人それぞれですが、私は真っ先に「織田信長」が頭に浮かびました。

織田信長と言えば群雄割拠の戦国時代のスーパースターですね。

天下統一を目指した英雄達のなかでも群を抜いて光輝くカリスマ性を感じます。

自分が思い描いた道に突き進む姿に魅了されますね。

ということで今回は織田信長の名言、格言、いい言葉を紹介させていただきます。

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

はい!と大きな声で返事をしたくなるほどいい言葉ですね。

織田信長だけではなくて、なにかを成し遂げた偉人達は、この言葉に近い言葉を発してたりしますね。

本気で取り組んでいることなら、もっと命を燃やして必死にやらないとだめだよと教えられている気がします。

仕事は自分で探して、創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ。

これは現代のビジネスに通じる名言ですね。

与えられたことしかできないなら、その他大勢扱いですよ。ってことですね。

よく会社なんかで、あれもやってこれもやって、しっかり仕事をしているのになんでいつまでも昇格できないんだとぶつぶつ言っている人がいますが、

与えられたことを一生懸命にこなすのは当たり前なんです。

それで昇格できないのは当たり前のことしかしてないからなんですよね。

会社が求めているのはプラスアルファの効果を発揮してくれる人物なので、いつまでもそれに気づかないと昇格できないぞと教えてあげたいことが、この織田信長の言葉に凝縮されてます。

さすが織田信長!まさに格言です。

臆病者の目には、常に敵が大軍に見える。

これはまさにその通りって感じてすね。

ネガティブな気持ちを抱えていると、なにをするにも億劫になって失敗ばかりきてしまいます。

勇気を持って、ポジティブに行動をしていけばきっとうまくいく。成功する。

なにごともメンタルっす。と勝手に解釈させていただきます。

理想を持ち信念に生きよ。理想や信念を見失った者は戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。

生きていくなかでなんの目標も持たず、ただ時間が過ぎていくだけの日々を過ごしている人は、本当に生きているって言えるのでしょうか?

ということを厳しく教えられているような気がします。

組織に貢献してくれるのは、優秀な者よりも、能力は並の上だが忠実な者の方だ。

この言葉にたいへん共感する管理職の方は多くいらっしゃるのではないでしようか。

私はこの言葉にたいへん共感しました。

的を得た的確な言葉ですね。

人城を頼らば城人を捨てん

この言葉を簡単に勝手に解説させていただきますと、結局は人材が大事だよとちうことです。

現代はいろんな便利な道具が溢れていますが、それに頼りきって、考えることや、工夫をすることを忘れてしまったら、進歩はせず駄目になっていくよということですね。

たしかにと、頷いてしまう言葉ですね。

是非に及ばず

これは本能寺の変で、仲間に裏切られ、人生の最後を迎える覚悟が決まって言い放った言葉です。

あたふたするのではなく、達観してこの言葉を放てるのは、それまでの人生を必死に生きていたからなんでしょうね。

一言、一言に強い思いが伝わってきます。

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する

人間観察の極みですね。

成功した人って謙虚ですよね。周りから見ればとんでもなくすごいのに、

本人はどこかに劣等感があったりして、だから努力をしようっていう言葉が出てきたり、

俺すごいって思ってるだけじゃだめだよと教えられますね。

いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である

織田信長の魅力はこれなんですよ。

まさに織田信長って思える言葉です。


簡単にではございますが、織田信長の名言、格言をを紹介させていただきました。

やはり、こういう言葉っていうのは自分を高めてくれたり、考えさせられてり、ほんと素晴らしいですね。

なにかしら、皆様のなかでも、活力が生まれたと思っていただけたらなら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする