ベートーヴェン 名言 格言

神聖ローマの作曲家、ベートーヴェンの名言を紹介します。


人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。
しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。

とても力強く、勇気を貰える言葉ですね。

人生の波、人生の流れというものに意識を向けてみると、

なにをやってもうまくいかない時や、

なせが思うように事が運びすぎてしまう時があると思います。

TVなどで波乱万丈な人生の曲線を描いているものや、

占いで、これからの人生の曲線を描いてみせるなんてものを見た覚えがある方は多いと思います。

その曲線の落ち目の時に、ベートーヴェンが発した言葉の通り、

まずは、それを自分の運命として受け止めてみましょう。こういうものなのだと。

そして、その落ち目の時に、

どうせ自分はと、あきらめるのではなく、これからの上がり目を信じて耐えていきましょう。

現状を打破するために、積極的に力強く自身と向き合えば、いつかは必ずいい方向に進んでいけるはずです。

あのベートーヴェンがそう言ってるのだから。

なんて、簡単に書いてしまいましたが、そんなに人生って簡単じゃないですよね。

もし落ち目の方がいらっしゃるのであれば、ベートーヴェンのこの言葉を知ってもらって、なにかの転機になっていただければ幸いです。

辛抱強く我慢し、なんて言ってますが、楽観視することも大切ですから、

昔の人は堅いな程度にとらえてみるのもいいかと思います。

自身の波、自身の流れを意識して、

これからの生活を力強いものにしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク