ヘレン・ケラー 名言「勇気をもって挑むか、棒にふるか」

いろんなことに悩んで、

なかなか決断ができない方に向けて、

ヘレン・ケラーの名言を送ります。

ヘレン・ケラーは、視覚と聴覚の重複障害者でありながら、

世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした人物です。

奇跡の人、サリヴァン先生との「ウォーター」で知られていますね。

悩んで決断できない方、

前へ踏み出すことを恐れている方へ送ります。


「人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。」

「安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。」

「私たちにとって敵とは、ためらいです。自分でこんな人間だと思ってしそれだけの人間にしかなれないのです。」

「幸せの一つの扉が閉じると、別の扉が開く。しかし、私たちは閉じた扉ばかり見ているために、せっかく開かれた扉が目に入らないことが多いのです」

そして、目、耳、声が不自由な三重苦のヘレン・ケラーに、物には名前があることを教え、

ヘレン・ケラーとの「ウォーター」で有名なサリヴァン先生こと、

「アン・サリヴァン」の名言がこちら。

雲に触ることは出来ないでしょう?
それでも雨が降ってくるのはわかるし、暑い日には、花も乾いた大地も、雨を喜んでいるのがわかるでしょう?
愛もそれと同じなの。
愛も手で触れることは出来ないけれど、愛が注がれる時の優しさは、感じることが出来るでしょう?
愛があるから、喜びも湧いてくるし、遊びたい気持ちも起きるのよ

それでは、ヘレン・ケラーと、アン・サリヴァンの名言を紹介させていただきました。

勇気をもって挑むか、棒にふるか。

私はこのヘレン・ケラーが発した言葉を知って、自分の中で大きな変化があったのを感じました。

人生は1度きり。

勇気をもって挑んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク