会社員の副業を容認する指針づくり。

勤めている会社から副業、兼業を禁止や制限をされていて、

副業、兼業をしたくても自由に出来ないって方は多くいらっしゃると思います。

そんな方に朗報です。

政府は、経済の活性化を目論見、

柔軟で自由な働き方が出来るように、就業規則を見直すガイドラインを策定し、

24日に開かれる「働き方改革実現会議」の会合で、企業の意識改革に打ち出す方針なのだとか。

終身雇用で大企業が優秀な人材を抱えていますが、

そこを緩和することで日本の経済を潤していこうという考えですね。

優秀な人材を自由に!みたいなとこでしょうか。

法律で義務づけするのは難しいから、

ガイドラインに沿って容認して、

そこで起きる問題については、手引きをつくることで対応していく方針なのだそうです。

これから副業を考えている人も、

副業がバレないようにと悩んでいる人にとってもいい知らせですね。

これからの経済発展に期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする