がん治療薬 オプジーボ 価格引き下げの方針

高額な、がんの治療薬が医療費を圧迫しているとして、厚生労働省は、緊急的に価格を引き下げる方針

というニュースが入ってきました。

これは朗報ですね。

具体的には、肺がんの治療に効果が高いと言われている「オプジーボ」の価格を緊急的に引き下げる方針なのだとか。

オプジーボとは、免疫機能を高めて、身体が本来持っている、がん細胞を叩く力を発揮させるお薬です。

この、オプジーボはほんとに高額で、1年間使用すると、3,500万円もかかったという例もあるそうです。

どれくらいの値下げになるのかはまだ未定で、25%の価格の引き下げを軸に今は議論を進めている段階だそうです。

25%はかなり大きい数字ですね。

それと合わせて、オプジーボを使用できる病院を一定の施設を持った病院に限定したり、

使用できる人間を経験のある医師に限定するなども話し合われているようです。

例えば、

がん治療に効果的な新薬を開発!

なんて公表があっても、一般的に普及するのはまだまだ先で、価格も高額のために一部の富裕層しか試せなかったりしますから、こういう取り組みにはほんと感謝をされている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、薬業界にとっては痛手なのではという声もあるそうで、

開発費用の回収は出来るのか。新薬開発が滞ったりはしないのか。

などの心配の声もあると聞きました。

いろんな意見はありますが、治療を受ける側としては喜ばしいことですので、

私としては価格の引き下げ確定の朗報を早く聞きたいものです。

話しは変わりますが、肺がんのリスクを高める「喫煙」をしている方で、「禁煙」を考えられている方は、当ブログにも記載させていただいてるパッケージ作戦がおすすめですので、ぜひお試ししてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク