電動歯ブラシと歯ブラシ

はうちゅです。

今回は

「歯ブラシ」と「電動歯ブラシ」

どっちを使用をするほうがいいのかを考えてみたいと思います。

当方は電動歯ブラシを使ったことがなく、若干ではありますが、電動歯ブラシに抵抗があります。

歯ブラシと比べて、いいのか悪いのかがわからなくて、気になりまして、いろいろと調べてみたのですが、

歯の一部を磨くことに関しては圧倒的に電動歯ブラシの方が優れてるそうです。

人間の手では、歯ブラシを音速回転させるのは無理ですからね。

音速だとか、超音波だとかを自慢している電動歯ブラシには勝てません。

しかし、稀な例だとは思いますが、磨きすぎてしまうことで歯や歯茎が削れてしまうこともあるらしいです。

やりすきには注意ですね。

続いて、歯を全体的に磨くことに関しては、電動歯ブラシよりも、歯ブラシの方が優れているらしいです。

理由としては、電動歯ブラシの威力を過信してしまい、ブラッシングが疎かになる人が多いらしいです。

これはもう使い手の問題ですね。

なかには、

歯ブラシで丁寧にブラッシングして、最後に電動歯ブラシで仕上げる人もいるのだとか。

電動歯ブラシを使う際には、あまり大きくブラシを動かさず、小さく小さくゆっくり動かしてあげるのがいいらしいです。

まとめてみると、

  • 電動歯ブラシを正しく丁寧に活用できるのであれば、歯ブラシよりも効果的。

ただし、1ヶ所を磨きすぎると歯や歯茎を削ってしまうので注意。

職人気質の人は電動歯ブラシではなく、

歯ブラシでのブラッシングをおすすめ!ということですね。

電動歯ブラシは、

特に大きなデメリットはなく、

丁寧なブラッシングを心がけて使用すれば、

断然、歯ブラシよりもいい!ということがわかりました。

ついでに、

「デンタルフロス」も歯みがきの友なので紹介します。

【デンタルフロス】

歯の側面についた食べ残しや、

歯と歯の間の食べかすをきれいに取り除くためのもの。

糸のような形状で歯と歯の間を磨き、虫歯の予防をする!口臭予防にも最適!

いろんなアイテムがありますね。

デンタルフロスによく似た、「歯間ブラシ」

っていうのもありますね。

ちなみになんですが、

ご飯を食べたらすぐ歯みがき!

という方はたくさんいらっしゃると思いますが、

食事が終わって歯みがきを開始するまでに、最低限でも30分間はあげ方がいいという一説もございます。

そして、

睡眠をとっている時に、虫歯菌が広がるリスクが格段とあがるということから、就寝前のブラッシングは特に慎重に丁寧にを心がけましょう。

それにしても

世の中、いろいろ便利なものや、優れたものがあるのですが、

当方は、新しいものや、非アナログ的なものに疎く、全然使いこなせていないです。

ひとつひとつ情報を集めて、まとめて、賢くなっていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク